Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、月例セキュリティ更新をリリース - 最大深刻度「緊急」18件含む脆弱性96件を修正

マイクロソフトは、6月の月例セキュリティ更新を公開した。「Adobe Flash Player」の脆弱性を除くと、CVEベースであわせて96件の脆弱性を修正している。

今回のアップデートでは、「Windows」や同社ブラウザ「Internet Explorer」「Microsoft Edge」をはじめ、「Office」「Office Services」「Web Apps」「Silverlight」「Skype for Business」「Lync」の脆弱性を解消した。

脆弱性の影響を見ると、リモートでコード実行やセキュリティ機能のバイパス、情報漏洩、特権の昇格、サービス拒否、なりすまし、改ざんなどが生じるおそれがある。脆弱性96件の最大深刻度を見ると、「緊急」が18件、「重要」が78件、「警告」「注意」がそれぞれ1件だった。

また同日リリースされた「Adobe Flash Player」の脆弱性に対してもあわせて修正している。

(Security NEXT - 2017/06/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

バッファロー製「WCR-1166DS」にOSコマンドインジェクションの脆弱性
「Adobe Experience Manager」に脆弱性、修正パッチがリリース
「Adobe Digital Editions」に深刻な脆弱性 - スマホ版にも影響
MS、月例セキュリティ更新で「緊急」25件含む脆弱性48件を解消
「Adobe Flash Player」のセキュリティアップデートがリリース - 深刻な脆弱性へ対応
「Adobe Acrobat/Reader」が脆弱性67件を修正 - 43件が「クリティカル」
バッファロー製無線ルータにRCEの脆弱性 - 修正ファームウェアを公開
ショートカットファイルの表示だけでコード実行される脆弱性 - 旧OS含め更新など対策を
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - 8月8日にアップデート予定
Juniper製FWの「ScreenOS」に複数のXSS脆弱性