Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

情報漏洩インシデント時における広報対策セミナー - JSSEC

日本スマートフォンセキュリティ協会(JSSEC)は、経営層や広報担当者を対象にした危機管理時の広報対策セミナーを都内で開催する。

同セミナーは、サイバー攻撃や内部不正によって情報漏洩が発生した場合に、ダメージの拡大を抑える広報対策について学ぶワークショップ形式のイベント。経営者役、記者役にわかれ、実際に記者会見のロールプレイを行い、専門家が評価する。

会場は、平河町森タワー。セミナーは無料。ワークショップは同協会会員は無料で、一般企業は1人3000円。定員はセミナーが80人でワークショップが36人。応募者多数の場合は抽選となる。詳細は同協会のページから。

(Security NEXT - 2017/06/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

職員が個人情報資料を一時紛失、飲食店主が発見保管 - 長崎県
大手企業の約9割、サイバー攻撃対応に自信 - 5割超で演習など実施
閲覧禁止の人事情報にアクセス、危機管理課職員を処分 - 龍ケ崎市
攻撃者がメール転送設定を変更、受信した個人情報が外部に - 立命館大
緊急消防援助隊の派遣に関するPCが所在不明 - 消防庁
デロイトトーマツと日大、クライシスマネジメント分野で連携 - 政策提言なども視野に
危機管理ソリューション市場、2021年度には1兆円超に拡大
都税クレカ払いサイトが4月24日より再開 - 都「安全性を確認」
警察庁、「伊勢志摩サミット」でのサイバーテロを警戒 - 開催地域に限らず日本全国が標的に
印象が悪かった不祥事ランキング - 年金機構問題が6位