Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

防衛装備庁「電子入札システム」のインストーラに再び脆弱性

防衛装備庁の「電子入札・開札システム」のインストーラに脆弱性が見つかった。5月下旬に公表された脆弱性とは異なる脆弱性で、最新版では、すでに修正済みだという。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、インストーラにおける検索パスの指定に脆弱性「CVE-2017-2208」が含まれていることが明らかとなったもの。意図しない実行ファイルを呼び出すため、任意のコードを実行されるおそれがある。

5月25日に意図しないライブラリファイルを読み込む「CVE-2017-2178」が明らかとなっているが、今回明らかとなったのは、別の脆弱性だという。

同庁やセキュリティ機関では、インストーラを利用する際は、脆弱性が修正済みとなっている最新版を利用するよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2017/06/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性301件を修正
CMSの「Drupal」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
オムロン製制御システム向けソフトに複数脆弱性 - コード実行のおそれ
「Java SE」にセキュリティアップデート - 脆弱性8件を修正
「Chrome 70」で脆弱性23件を解消
「VMware ESXi」などに深刻な脆弱性 - パッチがリリース
「Joomla」に5件の脆弱性を解消したセキュリティアップデート
Facebookへの攻撃、影響は約3000万人 - 15カ月にわたり個人情報なども収集か
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性334件を修正
PHPにコード実行の脆弱性、リスク「高」 - アップデートがリリース