Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

防衛装備庁「電子入札システム」のインストーラに再び脆弱性

防衛装備庁の「電子入札・開札システム」のインストーラに脆弱性が見つかった。5月下旬に公表された脆弱性とは異なる脆弱性で、最新版では、すでに修正済みだという。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、インストーラにおける検索パスの指定に脆弱性「CVE-2017-2208」が含まれていることが明らかとなったもの。意図しない実行ファイルを呼び出すため、任意のコードを実行されるおそれがある。

5月25日に意図しないライブラリファイルを読み込む「CVE-2017-2178」が明らかとなっているが、今回明らかとなったのは、別の脆弱性だという。

同庁やセキュリティ機関では、インストーラを利用する際は、脆弱性が修正済みとなっている最新版を利用するよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2017/06/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

DrayTek製複数ネットワーク機器に深刻な脆弱性 - すでに悪用も
「Firefox 74.0.1」が公開、ゼロデイ脆弱性を修正 - 標的型攻撃を確認
BD製医療機器にキオスクモード回避のおそれ
ビデオ会議で人気集める「Zoom」に複数問題 - 修正に追われる
「Microsoft Teams」導入時は最新版のインストーラーを
レクサスなど複数トヨタ車DCUに「BlueBorne」脆弱性
「Chrome 80.0.3987.162」が公開 - セキュリティ問題8件を解決
ネットインフラ管理アプライアンスに複数脆弱性
ヤマハ製の複数ネットワーク機器に脆弱性 - 停止や再起動のおそれ
RSAのID認証管理製品に複数の深刻な脆弱性