Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

中学生作成のランサムウェア、暗号鍵がハードコード - サンプルコード利用の形跡も

大阪府内の中学生が、ファイルを暗号化し、利用できなくなる「ランサムウェア」を作成した容疑で6月5日に逮捕された。同マルウェアでは、サンプルコードなどが利用されていたという。

同中学生が作成したと見られるランサムウェアを分析したトレンドマイクロによれば、同ランサムウェアはバッチファイルで、オープンソースの暗号化ツールを利用。暗号化したファイルのオリジナルファイルを削除する機能や、ギフト券の送付を要求する画面を表示する機能を備えていた。

公開されたファイルの攻撃対象は、カレントフォルダ直下の特定フォルダのみを暗号化の対象としているものの、バッチファイルのために対象ディレクトリを容易に変更可能だった。

暗号化に用いる鍵はインターネット上で公開されているプログラマー向けのサンプルコードを用いて作成。AESでさらに暗号化するものの、バッチファイル内に暗号鍵が記載されており、ランサムウェアとしては稚拙なものだったという。

同社は、今回のケースに限らず、未成年のサイバー犯罪では、自己顕示欲を満たすための犯行が多く、証拠を残すことも多いと指摘。ITに関するモラルの教育を受けておらず、犯罪への意識が希薄だったり、犯罪にあたるという意識もないまま、犯行にいたるケースもあることから、技術や知識だけでなく、モラルを教育する取り組みが重要であると訴えている。

(Security NEXT - 2017/06/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サーバログ管理ソフトにランサム攻撃の検知機能 - オレガ
ランサムウェアを6割が認知するも、4割強はバックアップ未実施
マルウェア感染メールの割合が6カ月連続増加 - 「Locky」の拡散も
ランサム対策機能を実装できるSDK - セキュアブレイン
BBSS、ネット詐欺対策製品に対ランサムウェア機能を追加
7割弱が「ランサムウェア」認知せず - 半数強がバックアップ未実施
目立つ「HeartBleed」関連インシデント - ラック報告
身代金ではなく「裸の写真」を要求するランサムウェア
約4割の組織で重大被害 - 売上機会損失など含む平均被害額は2.3億円
2017年上半期の国内ランサムウェア検出、前期から半減