Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

偽Appleによるフィッシング攻撃が大量発生 - 半数以上でHTTPS接続

Appleは、6月5日から9日まで米国で開発者イベント「WWDC」を展開しているが、くしくも同時期に同社を装い、アカウント情報を詐取するフィッシング攻撃が大量に確認されている。

20170607_ap_001.jpg誘導先のフィッシングメールの1例(画像:フィ対協)

フィッシング対策協議会によれば、アカウントロックの警告や請求書などに見せかけたメールを用い、偽サイトへ誘導するフィッシング攻撃が複数確認されたもの。誘導先のフィッシングサイトでは、メールアドレスやパスワード、個人情報、クレジットカード情報などをだまし取ろうとしていた。

フィッシングメールの件名は、すでに8種類のバリエーションが確認されており、誘導先のフィッシングサイトも、同協議会が把握しているだけで17件に及ぶ。またこのうち10件では、HTTPS接続が利用されていた。

同協議会では、6月7日の時点で複数のフィッシングサイトが稼働していることを確認しており、閉鎖に向けてJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼。フィッシング攻撃へ注意するよう呼びかけるとともに、類似したフィッシングサイトやメールなどを見かけた場合は、同協議会へ情報を提供してほしいと呼びかけている。

(Security NEXT - 2017/06/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

不在通知装う「スミッシング」、ますます悪質化
職員にフィッシング攻撃、個人情報流出の可能性 - NHK
偽メルカリに注意 - 4月23日の「振込申請ルール変更」に便乗
NZ銃乱射事件に便乗するマルウェア拡散やフィッシング詐欺に注意を
ゲームアイテムの購入明細を装うフィッシングに注意
「ゆうちょ銀」の偽サイトに注意 - 「合言葉」など詐取
「LINE」装う時間指定フィッシングが再発 - 攻撃者の始業時間が1時間早まる?
Visaカード発行事業者装うフィッシングに注意
アカウント情報狙う偽「PayPal」に注意 - 短縮URLを悪用
メールの添付ファイルやURLの開封環境を分離するソリューション - マクニカネット