Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

偽Appleによるフィッシング攻撃が大量発生 - 半数以上でHTTPS接続

Appleは、6月5日から9日まで米国で開発者イベント「WWDC」を展開しているが、くしくも同時期に同社を装い、アカウント情報を詐取するフィッシング攻撃が大量に確認されている。

20170607_ap_001.jpg誘導先のフィッシングメールの1例(画像:フィ対協)

フィッシング対策協議会によれば、アカウントロックの警告や請求書などに見せかけたメールを用い、偽サイトへ誘導するフィッシング攻撃が複数確認されたもの。誘導先のフィッシングサイトでは、メールアドレスやパスワード、個人情報、クレジットカード情報などをだまし取ろうとしていた。

フィッシングメールの件名は、すでに8種類のバリエーションが確認されており、誘導先のフィッシングサイトも、同協議会が把握しているだけで17件に及ぶ。またこのうち10件では、HTTPS接続が利用されていた。

同協議会では、6月7日の時点で複数のフィッシングサイトが稼働していることを確認しており、閉鎖に向けてJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼。フィッシング攻撃へ注意するよう呼びかけるとともに、類似したフィッシングサイトやメールなどを見かけた場合は、同協議会へ情報を提供してほしいと呼びかけている。

(Security NEXT - 2017/06/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

メールボックスの振る舞いを機械学習するフィッシング対策ソリューション
「MyEtherWallet」装うフィッシング攻撃に注意 - 複数URLで稼働
書き出しが「Appleをご利用いただきありがとうございますが、」のフィッシングメール
セゾンカード利用者狙うフィッシング - 「IDを暫定的に変更」とだます手口
偽ソフトバンクによる「緊急のご連絡」に注意 - 「Apple IDが不正利用」と不安煽るフィッシング
「MUFGカード」のフィッシングサイトが大量発生 - 「三菱UFJニコス銀行」名乗り送信
「Apple」ユーザー狙うフィッシング - 「静岡からアクセスあった」と不安煽り、あらゆる情報を詐取
アンケート回答で「iPhone Xプレゼント」とだます「偽日本郵便」に注意を
クレカ番号詐取による被害が増加、JC3が注意呼びかけ
「MUFGカード」をかたるフィッシング - 15種類の異なるトップレベルドメインで偽サイトを配信