Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

空調機器工事の助成事業で業者に個人情報を漏洩 - 新関空

新関西国際空港は、空港周辺の防音対策の一環で空調機器の一部交換費用を助成する事業において、従業員が特定の業者に対し、対象地域内の工事履歴などを漏洩していたことを明らかにした。

同事業は、関西エアポートより同社が委託を受けて行っているもの。同社によれば、2015年6月から10月ごろにかけて、兵庫県伊丹市と川西市、および大阪府豊中市の対象地域に所在する住宅2559件について、空調機器の更新に関する助成工事の有無と実施年月日を関西エコテックに提供していたという。

同社では、対象となる住民に対し謝罪の書面を送付。問い合わせ窓口を設置し、対応を進めている。

(Security NEXT - 2017/06/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

償還予定表など顧客情報含む書類が所在不明に - 住宅金融支援機構
3店舗で顧客情報約2.4万件を紛失 - 福井信金
Facebook、パスワード数億人分を社内保管 - 外部公開や悪用は確認されず
WP用プラグインの開発者サイトに不正アクセス、顧客にメール - 元従業員が侵入か
本店で保管していた顧客情報含む伝票を紛失 - 沖縄銀
マイナンバー含む不適切な業務再委託、国税局以外に171万件 - システムズ・デザイン
個人情報含むPCを電車に置き忘れ、届けられ回収 - 朝日新聞
新卒学生の個人情報含むPCを紛失 - ロイヤルHD
内部告発職員の氏名が関連部署に漏洩 - 大阪府
顧客情報記載の資料が車上荒らしで盗難 - 大和ハウスグループ会社