Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

空調機器工事の助成事業で業者に個人情報を漏洩 - 新関空

新関西国際空港は、空港周辺の防音対策の一環で空調機器の一部交換費用を助成する事業において、従業員が特定の業者に対し、対象地域内の工事履歴などを漏洩していたことを明らかにした。

同事業は、関西エアポートより同社が委託を受けて行っているもの。同社によれば、2015年6月から10月ごろにかけて、兵庫県伊丹市と川西市、および大阪府豊中市の対象地域に所在する住宅2559件について、空調機器の更新に関する助成工事の有無と実施年月日を関西エコテックに提供していたという。

同社では、対象となる住民に対し謝罪の書面を送付。問い合わせ窓口を設置し、対応を進めている。

(Security NEXT - 2017/06/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

退職時に事業ノウハウ持ち出した元従業員が書類送検 - KCCS
貸付金の借受人や連帯保証人などの個人情報を紛失、4年前に発生 - 滋賀県
決裁文書を紛失して虚偽報告、職員を処分 - 原子力規制委員会
システム管理者アカウントが奪われ、個人情報約7万件が流出 - 阪大
市内全世帯主の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 津久見市
学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 昭和女子大
ソフバンテク、内部でマルウェア感染を確認 - 取引先情報含むサーバへ不正アクセス
小中学校の心電図検診データを紛失、再検査を実施 - 青森県医師会
日本年金機構職員が窃盗容疑で逮捕 - 個人情報を持ち出しで
顧客情報記載の書類を紛失、翌日に回収 - 呉信金