Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Symantecの「SSL Visibility Appliance」に問題 - 接続先サーバがサービス拒否に陥るおそれ

Symantec(旧Blue Coat)製アプライアンス「SSL Visibility Appliance」に、サービス拒否が生じる脆弱性が含まれていることがわかった。

同製品は、SSL通信を可視化するアプライアンス製品。脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、特定のウェブブラウザからHTTPSリクエストに対し、誤ったRSTパケットを生成する脆弱性「CVE-2016-10259」が存在するという。

そのため通信先のサーバにおいてセッションを適切に終了できず、TCP接続を維持してしまい、同サーバがサービス拒否に陥るおそれがある。

同脆弱性は、NTT-MEが情報処理推進機構(IPA)へ報告し、JPCERTコーディネーションセンターが調整を実施。Symantecでは、脆弱性を修正した「同3.11.3.1」を公開した。「同4.0」は影響を受けないとしている。

(Security NEXT - 2017/05/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Java SE」にセキュリティアップデート - 脆弱性8件を修正
「Chrome 70」で脆弱性23件を解消
「VMware ESXi」などに深刻な脆弱性 - パッチがリリース
「Joomla」に5件の脆弱性を解消したセキュリティアップデート
Facebookへの攻撃、影響は約3000万人 - 15カ月にわたり個人情報なども収集か
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性301件を修正
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性334件を修正
PHPにコード実行の脆弱性、リスク「高」 - アップデートがリリース
オフラインでもスキャン履歴から脆弱性を評価する「Nessus 8」
ファイル送受信用アプライアンス「FileZen」に複数の脆弱性