Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サポート終了「IIS 6.0」の脆弱性を狙う攻撃を観測 - ただちに対策を

警察庁は、「Windows Server 2003 R2」に含まれる「IIS 6.0」の脆弱性を狙う攻撃を観測したとして注意を呼びかけた。攻撃を受けた場合、深刻な被害を受けるおそれがある。

同庁によれば、観測システムにおいて、「IIS 6.0」の脆弱性「CVE-2017-7269」を対象とした攻撃とみられるアクセスを、4月30日と5月17日に観測したもの。

20170526_np_001.jpg
攻撃活動の検知動向(グラフ:警察庁)

問題の脆弱性は、「WebDAV」の機能が有効となっている「IIS 6.0」において、細工した「PROPFINDリクエスト」を受信すると、サーバ上で任意のコードを実行されるおそれがある。脆弱性の攻撃ツールもすでに公開済みだ。

3月に華南理工大学の研究者2人が公表。その際に少なくとも2016年の7月か8月ごろより同脆弱性を突く攻撃コードが出回っていたと指摘している。また同脆弱性に関し、ソフトバンク・テクノロジーやトレンドマイクロなども注意喚起を行っていた。

(Security NEXT - 2017/05/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

RHELのDHCPクライアントに深刻な脆弱性 - ルート権限取得のおそれ
「Adobe Acrobat/Reader」脆弱性、すでに悪用ファイルが流通 - PoC公開も
「VMware NSX SD-WAN」にコマンドインジェクションの脆弱性が判明
同一PDFファイルに「Acrobat/Reader」と「Windows」のゼロデイ脆弱性 - 併用で高い攻撃力
【続報】「Adobe Acrobat/Reader」の定例外パッチが公開 - 早期適用呼びかけ
開発フレームワーク「Electron」にコード実行の脆弱性
「Photoshop CC」に深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
Intel Crosswalk Projectに脆弱性 - 不正証明書を許可すると以降検証せず
「PowerDNS Authoritative Server」にRCEの脆弱性 - アップデートがリリース
暗号化メールが外部漏洩する「EFAIL」の脆弱性 - 多数メールクライアントに影響