Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

カスペ、Windows用セキュリティ製品に新版 - サーバでもアプリ実行制御が可能に

カスペルスキーは、法人向けセキュリティ対策製品「Kaspersky Endpoint Security 10 for Windows」の新版となる「同10.3.0.6294」を提供開始した。

同製品は、法人向けのWindows用セキュリティ対策ソフト。パソコンやサーバなど、エンドポイントにおけるマルウェア対策機能のほか、リムーバブルドライブの暗号化機能などを備えている。

新版では、Windows Serverにおいてもアプリケーションの実行制御が可能となった。ホワイトリストとブラックリストが同時に利用できる。また実行ファイルに限らず、ライブラリファイルやドライバ、PowerShellなどのスクリプトをリストへ登録することが可能。

そのほか、USBデバイスのファイル操作監視機能を追加。書き込みや削除などのファイル操作を記録し、操作を行ったユーザー名やUSBデバイス、ファイル名などを確認可能。「Windows 10 Creators Update」にも対応した。価格は、最小構成の10クライアントで3万4992円から。

(Security NEXT - 2017/05/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カスペ、制御システム向け製品に新版 - 20以上のプロトコルをあらたにサポート
カスペ、ハイブリッド環境を一元管理できるセキュリティ製品
ウェブ分離をクラウドサービスで提供 - アイテック阪急阪神
Mac向けセキュリティ対策ソフトの新版 - カスペルスキー
アラートのトリアージを支援する「McAfee Investigator」を実証実験 - マカフィー
カスペがEDRを投入 - サンドボックスやインテリジェンスと連携
シマンテック、「WSS」にアイソレーション機能 - SEPとの統合も可能に
ジュニパーとカーボンブラック、連携ソリューションを展開
カスペ、法人向けエンドポイント製品に新版 - 共有フォルダの暗号化防止機能など追加
カスペ、インフラをロシアからスイスへ - ユーザー提供の脅威データや製造工程も