Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

カスペ、Windows用セキュリティ製品に新版 - サーバでもアプリ実行制御が可能に

カスペルスキーは、法人向けセキュリティ対策製品「Kaspersky Endpoint Security 10 for Windows」の新版となる「同10.3.0.6294」を提供開始した。

同製品は、法人向けのWindows用セキュリティ対策ソフト。パソコンやサーバなど、エンドポイントにおけるマルウェア対策機能のほか、リムーバブルドライブの暗号化機能などを備えている。

新版では、Windows Serverにおいてもアプリケーションの実行制御が可能となった。ホワイトリストとブラックリストが同時に利用できる。また実行ファイルに限らず、ライブラリファイルやドライバ、PowerShellなどのスクリプトをリストへ登録することが可能。

そのほか、USBデバイスのファイル操作監視機能を追加。書き込みや削除などのファイル操作を記録し、操作を行ったユーザー名やUSBデバイス、ファイル名などを確認可能。「Windows 10 Creators Update」にも対応した。価格は、最小構成の10クライアントで3万4992円から。

(Security NEXT - 2017/05/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

富士通、セキュリティサービスを拡充 - ダークウェブの脅威情報分析など
MS、IoTやクラウドのセキュリティを強化 - 疑似攻撃による対応テスト機能も
ラテラルムーブメントなど普段と異なる行動を検出する新製品 - マカフィー
「FFRI yarai」にハッシュ値による脅威検索機能 - アドオンで追加予定
パロアルト、エンドポイントのプロファイル化で脅威検出するソリューション
NTTテクノクロス、Carbon Blackベースの「TrustShelter/EPP」を提供
ファイア・アイ、アカデミックパッケージを刷新 - 全製品を対象に
「FFRI yarai」に新版 - マルチテナント対応の管理コンソールを追加
定義ファイル非依存のエンドポイント向け製品に新版 - ソフォス
NRIセキュア、CrowdStrike向けに「マネージドEDRサービス」を提供