Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2016年の個人情報漏洩インシデントは468件、平均想定賠償額は6.7億円 - JNSAまとめ

漏洩規模は「100から1000人未満」が32.5%でもっとも多い。「10から100人未満(29.7%)」「1000から1万人未満(16.2%)」と続いている。

原因を見ると、「管理ミス」が159件で34%を占めて最多。次いで多かったのは「誤操作」で73件(15.6%)。「不正アクセス」が68件(14.5%)、「紛失、置き忘れ」が61件(13%)、「不正な情報持ち出し」が32件(6.8%)となった。

また「設定ミス」に起因したインシデントが22件。そのほか、「バグ、セキュリティホール(8件)」「ワーム、ウイルス(5件)」「内部犯行(4件)」などは、いずれも2%未満と少なかった。

漏洩の媒体や経路では、「紙媒体」が220件で47%にのぼる。次いで「インターネット」が108件(23.1%)、「メール」が65件(13.9%)、「USBなど可搬記録媒体」が45件(9.6%)だった。

(Security NEXT - 2017/05/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

フィッシング報告が3カ月連続増 - フリマアプリ狙う攻撃も
ネットサービス事業者による個人情報収集に76%が「懸念」 - 公取委調査
2割強の企業が過去1年間にPCやスマホ紛失を経験
GDPR「適正に個人情報を移転」は34% - 3分の1は未対応
アダルトサイト有料会員狙う攻撃が拡大 - ダークウェブで売買されるアカウント
企業の14%がセキュ事故経験 - サイバー保険加入率は12%
フィッシングが増加、報告数が8カ月ぶりに2000件超 - サイトの約半数はHTTPS対応
約半数が「AI家電への個人情報提供に不安」 - 1年で10ポイント増
音声SIM入手のためにフィッシングで得た個人情報を利用か - NifMoが対策
漏洩などの報告方法をネットに変更、3月下旬めどに - 個人情報保護委員会