Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2016年の個人情報漏洩インシデントは468件、平均想定賠償額は6.7億円 - JNSAまとめ

漏洩規模は「100から1000人未満」が32.5%でもっとも多い。「10から100人未満(29.7%)」「1000から1万人未満(16.2%)」と続いている。

原因を見ると、「管理ミス」が159件で34%を占めて最多。次いで多かったのは「誤操作」で73件(15.6%)。「不正アクセス」が68件(14.5%)、「紛失、置き忘れ」が61件(13%)、「不正な情報持ち出し」が32件(6.8%)となった。

また「設定ミス」に起因したインシデントが22件。そのほか、「バグ、セキュリティホール(8件)」「ワーム、ウイルス(5件)」「内部犯行(4件)」などは、いずれも2%未満と少なかった。

漏洩の媒体や経路では、「紙媒体」が220件で47%にのぼる。次いで「インターネット」が108件(23.1%)、「メール」が65件(13.9%)、「USBなど可搬記録媒体」が45件(9.6%)だった。

(Security NEXT - 2017/05/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「個情法改正大綱」でパブコメ実施中 - 逸脱利用を制限
ジャパンシステム、セキュリティ事業を両備システムズへ譲渡
「情報銀行への個人情報提供に抵抗感」4割超
個情委、「内定辞退率予測サービス」で行政処分 - 利用企業にも指導
「フィッシングメール見破れる」国内外で大きな差
生活で約6割が「個人情報漏洩」に不安 - ネット調査
個情委、個人情報流出で「Amazon」に行政指導
クラウド上の機密データ、暗号化している組織は約半数
「リクナビ」問題で個人情報保護委員会に報告書 - 学生向け説明ページも
Pマーク事業者の個人情報事故は2323件 - 「目的外利用」の報告が増加