Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「WannaCrypt」に北朝鮮の攻撃グループ「Lazarus」関与か - 使用ツールに共通コード

米Symantecは、5月12日以降に感染が拡大したランサムウェア「WannaCrypt」について、断定には至らないものの、北朝鮮の攻撃グループ「Lazarus」との関連が疑われる要素を複数確認していることを明らかにした。

20170517_sy_001.jpg
検知数の推移(グラフ:シマンテック)

同マルウェアは、「WannaCryptor」「WanaCrypt0r」「Wanna Decryptor」「WannaCry」「WCry」といった別名でも知られ、暗号化したファイルの復号を条件に金銭を要求するランサムウェア。マイクロソフトが3月に公開した月例セキュリティ更新で修正した「SMB v1」の脆弱性を悪用し、感染を広げる機能を備えている。

「Lazarus」との関連を疑わせる要素として、Symantecは同グループが利用するツールと、早期の「WannaCrypt」が出現したタイミングが一致したことを指摘。さらに同ランサムウェアがワーム機能を備えていない初期のバージョンが感染した端末内に、「Lazarus」のみが利用するツールが残存していたことを挙げている。

また「WannaCrypt」では、同グループが利用する既知のツール「Contopee」「Brambul」と共通のコードを利用。同コードの実装において、これらツール以外では確認されていない同じ文字列が発見されたとしている。

同社はこれら要素が、同グループの犯行を決定付けるものではないとしつつも、引き続き調査を進める方針だ。

(Security NEXT - 2017/05/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「No More Ransom」が3周年 - 犯罪収益1.1億ドルを阻止
9カ国調査、コンシューマーの半数でサイバー被害 - 日本は4割
過去1年に企業の14.2%が被害を経験 - 8%がランサム被害
世界で68%の企業がサイバー攻撃被害を経験 - 日本は24%
2018年はランサム活動が縮小 - RaaSの「GandCrab」に活発な動き
個人の半数がデータ消失経験 - 1割はバックアップせず
Androidマルウェア、検知数が 前年比約1.7倍に - 新種ランサムは9分の1
2018年「セキュリティ10大脅威」 - 注目高まる「サプライチェーン攻撃」
年末年始に備えたセキュリティ対策を - 1月8日の「パッチチューズデー」にも注意
38%の企業がセキュリティ投資を増額 - それでも65%は「不足」