Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2016年は新種ランサムが88%増 - ただし2016年4Qは7割減

2014年第4四半期にあらたに検出されたランサムウェアは、前期の約3分の1に縮小したものの、2016年通年では前年比88%の増加となった。

20170421_ma_002.jpg
新種マルウェアの検出動向(グラフ:マカフィー)

マカフィーが同社による脅威の検出状況を明らかにしたもの。

同社によれば、同四半期にあらたに検出されたマルウェアは約2330万件で、前期より17%減少した。

一方、2016年通年で見ると6億3800万件で前年比24%増となった。

20170421_ma_001.jpg
脅威動向について解説した櫻井氏

同社セールスエンジニアリング本部の本部長である櫻井秀光氏によれば、3四半期連続で減少後再び増加に転じるなど、これまでも増減を繰り返しており、予断を許さない状況だという。

また同氏はファイルの実体がない「ファイルレスマルウェア」が流行していると指摘。同社では統計を取っておらず「ファイルレスマルウェア」の実態はわかっていないが、各セキュリティベンダーが言及することも増えており、ファイルベースのマルウェアが減少したことへ影響した可能性もあると述べている。

(Security NEXT - 2017/04/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サーバログ管理ソフトにランサム攻撃の検知機能 - オレガ
ランサムウェアを6割が認知するも、4割強はバックアップ未実施
マルウェア感染メールの割合が6カ月連続増加 - 「Locky」の拡散も
ランサム対策機能を実装できるSDK - セキュアブレイン
BBSS、ネット詐欺対策製品に対ランサムウェア機能を追加
7割弱が「ランサムウェア」認知せず - 半数強がバックアップ未実施
目立つ「HeartBleed」関連インシデント - ラック報告
身代金ではなく「裸の写真」を要求するランサムウェア
約4割の組織で重大被害 - 売上機会損失など含む平均被害額は2.3億円
2017年上半期の国内ランサムウェア検出、前期から半減