Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

プライベートのSNSアカウント、業務利用で「対策やルールがない」6割弱 - 遵守されていないケースも

従業員のプライベートのSNSアカウントを、業務で使用することに関して対策やルールを設けていない企業が6割弱にのぼることがわかった。

20170407_lw_002.jpg
顧客からプライベートのSNSアカウントを聞かれた際の対応(グラフ:ワークスモバイルジャパン)

NAVERの子会社であるワークスモバイルジャパンが、従業員として週3回以上接客や営業で顧客と接する18歳から49歳を対象に、インターネット調査を行ったもの。有効回答数は824件。

同調査によると、顧客からプライベートのSNSアカウントを聞かれたことがある割合は293人で35.6%だった。

そのうち76.5%が教えたとしており、教えた理由は「業務上断れない、断りづらい」が42.4%。「業務上、教えた方が都合がいいから」が38.8%だった。またプライベートのSNSアカウントを教えたことがある人のうち、71.9%が「業務と関係ない連絡がきたことがある」と答えた。

(Security NEXT - 2017/04/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

SNSでの個人情報、匿名化利用で求める対価は月2500円
未成年スマホのフィルタリング使用率は4割 - 9.5ポイント減
セキュリティ相談24.4%減 - 「偽警告」関連の相談は増加
ネットサービス事業者による個人情報収集に76%が「懸念」 - 公取委調査
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
「不正ログイン」の相談、前四半期比66.2%増 - 調査開始以降最多
2018年「セキュリティ10大脅威」 - 注目高まる「サプライチェーン攻撃」
政府がセキュ月間で「約ネバ」とタイアップ - 「抗え。この世界(インターネット)の脅威に。」
ネット利用者の4人に1人は対策未実施 - 不安は「個人情報流出」約8割で最多
「偽警告」「不正ログイン」の相談、減少するも依然多くの相談