Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Apple、セキュリティアップデート「iOS 10.3.1」を公開

Appleは、セキュリティアップデート「iOS 10.3.1」をリリースした。

今回リリースしたアップデートは、Wi-Fiに関する脆弱性を修正するプログラム。入力値の検証に問題があり、バッファオーバーフローによってWi-Fiチップ上でコードの実行が可能となる「CVE-2017-6975」へ対応した。

同脆弱性は、Wi-Fiのネットワーク範囲内より攻撃者によって悪用されるおそれがあるという。

(Security NEXT - 2017/04/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

バッファロー製「WCR-1166DS」にOSコマンドインジェクションの脆弱性
「Adobe Experience Manager」に脆弱性、修正パッチがリリース
「Adobe Digital Editions」に深刻な脆弱性 - スマホ版にも影響
MS、月例セキュリティ更新で「緊急」25件含む脆弱性48件を解消
「Adobe Flash Player」のセキュリティアップデートがリリース - 深刻な脆弱性へ対応
「Adobe Acrobat/Reader」が脆弱性67件を修正 - 43件が「クリティカル」
バッファロー製無線ルータにRCEの脆弱性 - 修正ファームウェアを公開
ショートカットファイルの表示だけでコード実行される脆弱性 - 旧OS含め更新など対策を
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - 8月8日にアップデート予定
Juniper製FWの「ScreenOS」に複数のXSS脆弱性