Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

電気事業者向け個人情報保護ガイドライン - パブコメ結果公表

総務省は、「電気通信事業における個人情報保護に関するガイドライン」とその解説の改正案に対する意見募集の結果を公表した。あわせて23件の意見が寄せられたという。

同ガイドラインは、通信の秘密や個人情報の適正な取り扱いについて、電気通信事業者が遵守すべき義務を定めたもの。同ガイドラインの解説とあわせて、改正が必要となる項目を検討し、1月19日にパブリックコメント案を公開。2月17日まで意見を募集していた。

意見募集に対し、個人9件、法人4件からのべ23件の意見が寄せられた。同省ではこれらの意見を踏まえて一部を修正。告示までに技術的部分について修正が行われる場合があるとして、現時点での改正案を公開した。今後はガイドラインの改正について官報で告示を行う予定。

(Security NEXT - 2017/04/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

フィッシング対策や脆弱性公開に尽力した専門家に感謝状 - JPCERT/CC
総務省、NTT東に行政指導 - 光回線卸売情報の目的外利用で
SSL/TLSを取り巻く状況や鍵管理に関する文献調査を実施 - IPA
マイナンバー関連事故は374件、前年度から倍増 - 5件は「重大な事態」
クラウド事業者向けセキュリティ対策GLで改訂案 - IoTサービスのリスク対応方針を追加
「フィッシング対策ガイドライン」2018年度版が公開
クラウド事業者が医療情報を扱う際の安全管理ガイドライン - パブコメを実施
IoTセキュリティのガイドラインなどを整理したハンドブック - JNSA
総務省と経産省、連携チームの成果を公表 - セキュリティ税制など
「SSL/TLS暗号設定ガイドライン Ver.2.0」を公開 - IPA