Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

4社に3社が過去1年間にインシデントを認知 - 標的型攻撃は8社に1社

過去1年間におよそ4社に3社がインシデントを認知していることがわかった。マルウェア感染や端末の紛失など、いずれも2割以上にのぼるほか、標的型攻撃によるインシデントも12.4%の企業が認知していた。

日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)とITRが、従業員50人以上である国内企業2000社のITおよび情報セキュリティの責任者を対象に、1月24日から31日にかけてインターネットによるアンケート調査を実施したもの。有効回答数653。

過去1年間に、情報セキュリティに関するインシデントの認知状況を尋ねたところ、「経験していない」とする企業は27.0%。前回の34.4%を7.4ポイント下回った。のこる約4社に3社は、インシデントを経験、認知していた。

認知したインシデントの内容を見ると、「社内PCのマルウェア感染」が26.6%で最多。前年度の調査から4.1ポイント増加した。

20170327_jp_001.jpg
過去1年間に認知したインシデントの種類(グラフ:JIPDEC)

(Security NEXT - 2017/03/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

16.5%の企業がCSIRT設置 - 1001名以上では4割
定義ファイル非依存の標的型攻撃対策製品市場、前年比29.9%増 - 今後も高成長との予測
2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに
38%の企業がセキュリティ投資を増額 - それでも65%は「不足」
対応コストともなう「サイバー攻撃」「内部犯行」、43.9%が経験
大手企業の約9割、サイバー攻撃対応に自信 - 5割超で演習など実施
2018年1Qの重要インシデント、前四半期から2割減
2018年2Qのインシデント件数は減少 - サイト改ざんなどは増加
2017年の個人情報漏洩は386件、想定損害賠償額は1914億円 - JNSAまとめ
セキュリティ製品やサービスの国内市場、いずれも5%増と堅調