Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

10分ほどの駐車中に車上荒らし、学生情報など被害 - 名大

名古屋大学大学院の教員が車上荒らしの被害に遭い、学生の個人情報を保存していたパソコンが盗難に遭ったことがわかった。

同大によれば、大学院生命農学研究科の教員が、学生の個人情報含むパソコンを盗まれたもの。2月22日18時半ごろ、駐車していた約10分ほどの間に車の窓ガラスが割られ、パソコンを鞄ごと持ち去られた。

被害に遭ったパソコンには、農学部1年生と3年生666人分の氏名と学生番号などが保存されていた。個人情報を含むファイルには、パスワードを設定していたと同大では説明している。

発覚後に警察へ被害届を提出。対象となる学生に書面で事情を説明し、謝罪した。紛失した情報の不正利用などは確認されていないという。

(Security NEXT - 2017/03/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顧客情報記載のリストが車上荒らし被害 - 中部電力
車上荒らしで顧客情報が盗難被害 - かもめガス
車上荒らしで学生の個人情報が被害に - 梅光学院大
作業中に車上荒らし、顧客情報が盗難 - 大丸エナウィン
中学校内で車上荒らし、成績情報が盗難 - 堺市
委託先で患者情報含むHDDなどが盗難 - 伊勢崎市民病院
学童保育所の児童名簿が盗難被害 - 野田市
車上荒らしで個人情報含むPCなどが被害 - 筑波大
音楽教室生徒の個人情報が車上荒らし被害 - 河合楽器
車上荒らしで会計関連データ含むPCが盗難 - 新日本有限責任監査法人