Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Windows Vista」のサポート終了まで1カ月切る - 「Exchange Server 2007」なども

「Windows Vista」が、4月11日にサポートの終了を迎える。同月の月例セキュリティ更新を最後に、以降は脆弱性の修正が行われなくなるため注意が必要だ。

「Windows Vista」は、2006年11月に登場。翌2007年1月25日よりサポートが提供されていたが、5年前の2012年4月10日にメインストリームサポートが終了。延長サポートについても、まもなく迎える4月11日にサポートを終える。

また同日には、「Microsoft Exchange Server 2007」など、日本マイクロソフトが提供する複数製品でサポートが終了するため、「Windows Vista」以外のユーザーも注意が必要となる。

同日にサポート終了を迎える製品は以下のとおり。

2017年4月11日にサポート終了

Microsoft BizTalk Adapters for Host Systems
Microsoft BizTalk FileAct and InterAct Adapters for SWIFT
Microsoft Dynamics NAV 5.0
Microsoft Exchange Server 2007
Microsoft Expression Web
Microsoft Host Integration Server 2006
Microsoft Office Communicator Phone Edition
Microsoft Office InterConnect 2007
Microsoft Visual Studio 2005 Team Edition for Database Professionals
Windows Vista

(Security NEXT - 2017/03/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Struts 2」の脆弱性で複数VMware製品向けに修正プログラム - 一部保留も
「Apache Struts 2」の脆弱性、一部代替パーサーでも攻撃が成立
不正送金対策ソフトのインストーラに脆弱性 - 最新版で修正
「Apache Struts 2」にあらたな問題が判明 - 「Content-Type」以外のHTTPヘッダでも攻撃可能
「Apache Struts 2」に脆弱性の影響を緩和するプラグイン - 更新できない利用者向けに公開
ファイル共有ソリューション「Commvault Edge」に脆弱性
「Apache Tomcat」に情報漏洩の脆弱性 - アップデートで修正
「Apache Struts 2」狙う攻撃が増加傾向 - 3月14日には2000件超を記録
4月に「Windows Vista」がEOL - 「Windows 7」終了まであと3年
ニッポン放送に不正アクセス、顧客情報5.7万件が漏洩のおそれ - 原因は「Struts 2」脆弱性