Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ノートンWiFiプライバシー」の対応プラットフォームが拡充

シマンテックは、公衆無線LANの利用時にVPNで通信を保護するソフトウェア「ノートンWiFiプライバシー」のパッケージ版を販売開始した。今回あらたに対応プラットフォームを拡充したという。

20170317_sy_001.jpg
ノートンWiFiプライバシー

同製品は、同社インフラとVPNで接続することにより、通信が保護されていない公衆無線LANの利用時にマンインザミドル攻撃(MITM)による盗聴や改ざんなどのリスクを低減するソフトウェア。利用者のプライバシー保護のため、利用時のログを取得しないポリシーで運用しているという。

インターネットアクセス時におけるIPアドレスのロケーションを、日本を含む28カ国から選択できる「グローバルアクセス機能」を搭載。年間契約により、帯域などを気にせず利用することが可能。

従来よりiOSやAndroid向けに提供してきたが、今回あらたにWindows、Macへ対応し、パッケージ版として展開。ノートンアカウントに対応し、ライセンス管理を行うことが可能となった。

パッケージ版の価格は、1年1台版が3229円から。複数台や複数年に対応するパッケージも用意している。

(Security NEXT - 2017/03/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

警視庁のウェブサーバに大量アクセス - 一時閲覧不能に
ランサム身代金の平均額は1077ドル - 3割強の被害者が支払い
「Ghostscript」にコード実行の脆弱性 - 悪用コードが流通
IPAへの年間相談は1.6万件弱、ランサム関連311件 - 復号で修理業者による高額請求も
小学校で災害時の児童緊急引渡用カードを紛失 - つくば市
PW管理甘いサーバ狙うランサム、直接ログインして暗号化 - IPAに被害相談
ランサム「Locky」が活動再開か - Wordファイル入りPDFで拡散
2016年下半期はメール経由の攻撃が2.5倍 - 9割超が「Locky」感染目的
J-CSIPによる標的型攻撃の共有数がゼロに - 巧妙化による「検知逃れ」の可能性も
発見から8年経過した「Conficker」検知数が急増 - 前四半期比67倍に