Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ノートンWiFiプライバシー」の対応プラットフォームが拡充

シマンテックは、公衆無線LANの利用時にVPNで通信を保護するソフトウェア「ノートンWiFiプライバシー」のパッケージ版を販売開始した。今回あらたに対応プラットフォームを拡充したという。

20170317_sy_001.jpg
ノートンWiFiプライバシー

同製品は、同社インフラとVPNで接続することにより、通信が保護されていない公衆無線LANの利用時にマンインザミドル攻撃(MITM)による盗聴や改ざんなどのリスクを低減するソフトウェア。利用者のプライバシー保護のため、利用時のログを取得しないポリシーで運用しているという。

インターネットアクセス時におけるIPアドレスのロケーションを、日本を含む28カ国から選択できる「グローバルアクセス機能」を搭載。年間契約により、帯域などを気にせず利用することが可能。

従来よりiOSやAndroid向けに提供してきたが、今回あらたにWindows、Macへ対応し、パッケージ版として展開。ノートンアカウントに対応し、ライセンス管理を行うことが可能となった。

パッケージ版の価格は、1年1台版が3229円から。複数台や複数年に対応するパッケージも用意している。

(Security NEXT - 2017/03/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

腕の動きやデバイス角度などで「なりすまし」を検知するモバイル向けSDK
広く利用される暗号化ライブラリに脆弱性「ROCA」 - 鍵長1024ビットなら解析コストは1万円以下
4割弱が物理的なウェブカメラの覗き見対策を実施
CiscoのNFVプラットフォームに深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
「ReadyNAS Surveillance」の脆弱性に対する攻撃 - 継続的に観測
NEC、顔認証機能をクラウドで提供 - 顔認証ソフトの強化も
市有地売却先に用地取得関連の情報含む書類を置き忘れ - 大阪市
Oracle、Java SEに関する脆弱性22件を修正
Oracle、定例アップデートで252件の脆弱性に対応 - 半数弱が「緊急」または「重要」
バリオセキュア、ウェブのセキュリティ診断サービスを開始