Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ノートンWiFiプライバシー」の対応プラットフォームが拡充

シマンテックは、公衆無線LANの利用時にVPNで通信を保護するソフトウェア「ノートンWiFiプライバシー」のパッケージ版を販売開始した。今回あらたに対応プラットフォームを拡充したという。

20170317_sy_001.jpg
ノートンWiFiプライバシー

同製品は、同社インフラとVPNで接続することにより、通信が保護されていない公衆無線LANの利用時にマンインザミドル攻撃(MITM)による盗聴や改ざんなどのリスクを低減するソフトウェア。利用者のプライバシー保護のため、利用時のログを取得しないポリシーで運用しているという。

インターネットアクセス時におけるIPアドレスのロケーションを、日本を含む28カ国から選択できる「グローバルアクセス機能」を搭載。年間契約により、帯域などを気にせず利用することが可能。

従来よりiOSやAndroid向けに提供してきたが、今回あらたにWindows、Macへ対応し、パッケージ版として展開。ノートンアカウントに対応し、ライセンス管理を行うことが可能となった。

パッケージ版の価格は、1年1台版が3229円から。複数台や複数年に対応するパッケージも用意している。

(Security NEXT - 2017/03/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Linuxにroot権限を取得される脆弱性「Stack Clash」
日本マクドナルドのシステム障害がほぼ復旧 - 一部店舗で調査継続中
HPEのサーバ監視ソフト「HPE SiteScope」に脆弱性
「剣と魔法のログレス」で開発企業の従業員が逮捕 - RMTに利用者アカウント
情報処理安全確保支援士の合格率は16.3% - 平均年齢36.5歳
ボットネット「Avalanche」の国内感染端末が約3分の2に - 依然1万台以上が感染中
インターネットリスク調査、日本は183カ国中155位 - 一方で25万台超がtelnetに応答
アイ・オー製ネットワークカメラにCSRFの脆弱性 - 修正ファームウェアが公開
2016年度の国内セキュリティ市場は9327億円 - 成長やや鈍化するものの堅調
「WordPress」用ジョブボード追加プラグインに脆弱性 - リモートから画像ファイルがアップロード可能に