Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Cylanceによるマルウェア検知と操作ログなどでインシデント原因を特定 - ラック

ラックは、エムオーテックスが提供する「LanScope Cat」のオプション機能「プロテクトキャットPowered by Cylance」の利用者向けに、マルウェア感染の原因など調査するリモート解析サービスを提供する。

今回同社が開始した「インシデントマネジメントサービス」は、同製品でマルウェアを検知した際に収集したマルウェアの検体や、検知前後の資産情報、操作ログをもとに感染原因を特定するサービス。

サービスメニューとして、Cylanceの解析サービスを利用した「リモート解析」のほか、操作ログを用いた「1次判定」を用意。さらに1次判定後のオンサイト支援や、オプションによるレポーティングサービスを提供する。

20170314_la_001.jpg
「インシデントマネジメントサービス」のサービスメニュー(表:ラック)

(Security NEXT - 2017/03/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

SDNにより感染端末を隔離しない制御システム向けセキュリティソフト - IIJ
「FFRI yarai 3.2」がリリース - 検知エンジンや管理コンソールを強化
ログやマルウェアの無料調査ツール「FalconNest」 - ラック
カスペ、ゲートウェイセキュリティ製品に新版 - 出口対策にも利用できるコンテンツフィルタリングも
サイバー保険付帯のサーバ脆弱性対策サービス
エンドポイント向け製品にEDR機能を追加 - ソフォス
マカフィー、個人向け製品に新版 - パフォーマンス向上や家族向け機能
メモリランダム化でエクスプロイトを防ぐ「Morphisec」を発売 - IWI
ALSI、「InterSafe GatewayConnection」のモバイル向け機能を強化
開発から運用まで保護するコンテナ向けセキュリティ製品 - クリエーションライン