Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Cylanceによるマルウェア検知と操作ログなどでインシデント原因を特定 - ラック

ラックは、エムオーテックスが提供する「LanScope Cat」のオプション機能「プロテクトキャットPowered by Cylance」の利用者向けに、マルウェア感染の原因など調査するリモート解析サービスを提供する。

今回同社が開始した「インシデントマネジメントサービス」は、同製品でマルウェアを検知した際に収集したマルウェアの検体や、検知前後の資産情報、操作ログをもとに感染原因を特定するサービス。

サービスメニューとして、Cylanceの解析サービスを利用した「リモート解析」のほか、操作ログを用いた「1次判定」を用意。さらに1次判定後のオンサイト支援や、オプションによるレポーティングサービスを提供する。

20170314_la_001.jpg
「インシデントマネジメントサービス」のサービスメニュー(表:ラック)

(Security NEXT - 2017/03/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

トレンド、SaaS型のメールセキュリティサービス - URLのサンドボックス解析に対応
マルウェア設定情報の抽出ツールを公開 - JPCERT/CC
無償調査ツールにメモリ検査機能 - ファイルレス攻撃の判定に対応
中小企業向けにデータレスPCのレンタルサービス
ランサムウェア「GandCrab」の復号ツールが機能強化 - 最新版にも対応
アラート60分以内に要対応情報を提供するMSS - GRCS
脅威情報を集約し横断分析する「CURE」を開発 - NICT
ドメインに関する脅威分析情報を提供するサービス - ISID
「Active! zone」にサンドボックスオプション - PW付きファイルにも対応
ESETにEDR製品が追加 - クラウド型サンドボックスも提供