Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Cylanceによるマルウェア検知と操作ログなどでインシデント原因を特定 - ラック

ラックは、エムオーテックスが提供する「LanScope Cat」のオプション機能「プロテクトキャットPowered by Cylance」の利用者向けに、マルウェア感染の原因など調査するリモート解析サービスを提供する。

今回同社が開始した「インシデントマネジメントサービス」は、同製品でマルウェアを検知した際に収集したマルウェアの検体や、検知前後の資産情報、操作ログをもとに感染原因を特定するサービス。

サービスメニューとして、Cylanceの解析サービスを利用した「リモート解析」のほか、操作ログを用いた「1次判定」を用意。さらに1次判定後のオンサイト支援や、オプションによるレポーティングサービスを提供する。

20170314_la_001.jpg
「インシデントマネジメントサービス」のサービスメニュー(表:ラック)

(Security NEXT - 2017/03/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「SKYSEA Client View」に新版 - UTMとの連携に対応
富士通、暗号化ソフトを機能強化 - 登録外アプリからのアクセスを制限
パロアルト、「PAN-OS 8.0」をリリース - サンドボックス回避攻撃へ対策
トレンド、サーバ向け製品に新版 - サンドボックス連携やアプリのホワイトリスト化に対応
エフセキュア、法人向けセキュリティ対策製品にMac用クライアント
英Sophos、米Invinceaを買収 - 機械学習による脅威検知技術を取得
メールセキュリティ製品「SPAMSNIPER AG」を発売 - キヤノンITS
カスペルスキー、SOCやCSIRT向けに脅威情報の検索サービス
CTC、機械学習を活用するSentinelOne製EDRを国内で販売
ESETの「月額サービス」がスタート