Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「SMBv3」のゼロデイ脆弱性、ウェブ誘導から悪用可能

一部「Windows」において「SMB Tree Connect Responseパケット」の処理に問題があり、細工したパケットを受信するとシステムがクラッシュするゼロデイ脆弱性が明らかとなった問題で、別の脆弱性を組み合わせることで容易に悪用が可能であるとして、セキュリティベンダーが注意を喚起した。

20170307_sw_001.jpg
攻撃により生じたブルースクリーン(画像:SecureWorks)

問題となった「CVE-2017-0016」は、「Windows 10」「同8.1」「Windows Server 2012 R2」「Windows Server 2016」に存在する脆弱性。悪意のあるファイル共有から、細工されたパケットを受信するとシステムがクラッシュする。

同脆弱性は、2月初旬に明らかとなり、実証コード(PoC)もあわせて公開されている。同脆弱性を修正するためのセキュリティ更新プログラムは提供されていない。

脆弱性を悪用するには、攻撃者が用意したファイル共有へ誘導する必要があるが、SecureWorksは、ウェブサイトへのアクセスからファイル共有へリダイレクトさせる攻撃手法「Redirect to SMB」を組み合わせることで、比較的容易に悪用できると指摘。

(Security NEXT - 2017/03/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「HTTP/2」の実装に複数脆弱性 - DoS攻撃手法が明らかに
「Bluetooth」に暗号化強度下げる「KNOB攻撃」が判明
スイッチ「Cisco Small Business 220」に複数の深刻な脆弱性
日本語などテキスト処理に脆弱性、Win XP以降に存在 - 報告者が詳細公表
「Firefox」にマスターパスワード認証が回避されるおそれ - アップデートを実施
F5製「BIG-IP」、構成によっては侵害のおそれ - 利用企業は早急に確認を
Adobe CC関連アプリに脆弱性 - 一部「クリティカル」も
「Adobe Experience Manager」に深刻な脆弱性 - SAMLで認証回避のおそれ
「Adobe Acrobat/Reader」にアップデート - 脆弱性76件を修正
MS、月例パッチで脆弱性93件に対処 - 盆休み重なる更新に注意を