Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

複数脆弱性を解消した「WordPress 4.7.3」 - セキュリティ以外でも39件を修正

WordPressの開発チームは、複数の脆弱性へ対処したセキュリティアップデートとなる「WordPress 4.7.3」をリリースした。旧バージョンの利用者に対し、最新版へ早急にアップデートするよう強く推奨している。

今回のアップデートは、3件の「クロスサイトスクリプティング(XSS)」の脆弱性や制御文字によりURL検証が回避される問題など、6件のセキュリティに関する問題を解決したもの。

「クロスサイトリクエストフォージェリ(CSRF)」により、サーバのリソースが消費される不具合や、本来削除できないファイルが、プラグインの削除機能を用いることで管理者により削除可能となる問題へ対応した。さらにセキュリティ上の問題ではないが、39件の修正をあわせて実施したという。

WordPressに関しては、1月26日に公開された前回のアップデート「WordPress 4.7.2」 が大きな注目を集めた。

同アップデートでは、外部より改ざんが可能となる重大な脆弱性へ対応していたが、リリース当初は同脆弱性の修正について言及せず、開発チームでは、1週間後に脆弱性情報を開示。一方でアップデートを未実施だった利用者も多く、多数のサイトで改ざん被害が発生した。

(Security NEXT - 2017/03/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「BIND 9」にリモートより悪用可能な脆弱性 - アップデートがリリース
「Chrome 74」がリリース、脆弱性など39件を修正
「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性
業務支援ツール「Confluence」にあらたな脆弱性 - 既知脆弱性の悪用被害も
ゼロデイ攻撃への悪用目立つ「権限昇格の脆弱性」
複数「VPNアプリ」に「Cookie」窃取されるおそれ - 一部ベンダーは反論
研究者が最新版IEの脆弱性を指摘 - 修正予定なく、実証コードが公開へ
Oracle、四半期定例アップデートを公開 - 脆弱性297件を修正