Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

複数のアイ・オー製ネットワークカメラに脆弱性 - 遠隔からコマンド実行されるおそれ

アイ・オー・データ機器が提供する複数のネットワークカメラに脆弱性が含まれていることがわかった。

「TS-WPTCAM」「TS-WPTCAM2」「TS-WLCE」「TS-WLC2」「TS-WRLC」の一部ファームウェアに複数の脆弱性が含まれていることが判明したもの。

任意のコマンドを実行されるおそれがある「OSコマンドインジェクション」の脆弱性「CVE-2017-2112」をはじめ、「バッファオーバーフロー」の脆弱性「CVE-2017-2113」や、「HTTP ヘッダインジェクション」の脆弱性「CVE-2017-2111」など、あわせて3件の脆弱性が含まれるという。

これら脆弱性は、三井物産セキュアディレクションの諌山貴由氏や同社の塚本泰三氏より情報処理推進機構(IPA)へ報告が寄せられたもので、JPCERTコーディネーションセンターが調整を実施した。

報告を受けたアイ・オー・データ機器では、各製品に対して脆弱性を修正したファームウェアをリリース。最新のファームウェアへアップデートするようセキュリティ機関とともに注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2017/03/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Oracle、四半期ごとの定例パッチを公開 - 脆弱性319件に対処
「LLVM」の「Armバックエンド」でスタック保護が機能せず
「Drupal 8.7.4」に脆弱性 - 手動作業ともなう更新必要
「Windows Defenderアプリ制御」に脆弱性 - 定例外アップデートをリリース
DNSサーバ「Knot Resolver」に複数脆弱性 - 更新がリリース
Atlassian製PMツール「Jira Server」に深刻な脆弱性 - リモートよりコード実行のおそれ
「Chrome 75.0.3770.142」がリリース、脆弱性2件に対処
「Chrome 73」がリリース - セキュリティ関連の修正は60件
Mac向けZoom製ウェブ会議ソフトに脆弱性 - ウェブ閲覧でカメラ起動
Juniper、「Junos OS」など複数製品向けにセキュリティアップデート