Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

複数のアイ・オー製ネットワークカメラに脆弱性 - 遠隔からコマンド実行されるおそれ

アイ・オー・データ機器が提供する複数のネットワークカメラに脆弱性が含まれていることがわかった。

「TS-WPTCAM」「TS-WPTCAM2」「TS-WLCE」「TS-WLC2」「TS-WRLC」の一部ファームウェアに複数の脆弱性が含まれていることが判明したもの。

任意のコマンドを実行されるおそれがある「OSコマンドインジェクション」の脆弱性「CVE-2017-2112」をはじめ、「バッファオーバーフロー」の脆弱性「CVE-2017-2113」や、「HTTP ヘッダインジェクション」の脆弱性「CVE-2017-2111」など、あわせて3件の脆弱性が含まれるという。

これら脆弱性は、三井物産セキュアディレクションの諌山貴由氏や同社の塚本泰三氏より情報処理推進機構(IPA)へ報告が寄せられたもので、JPCERTコーディネーションセンターが調整を実施した。

報告を受けたアイ・オー・データ機器では、各製品に対して脆弱性を修正したファームウェアをリリース。最新のファームウェアへアップデートするようセキュリティ機関とともに注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2017/03/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Cisco DCNM」の深刻な脆弱性 - 研究者が詳細を公表
Ciscoのセキュリティ管理製品に深刻な脆弱性
Citrix、脆弱性問題で無償の侵害調査ツール公開 - FireEyeと共同開発
Citrixがアップデート公開をさらに前倒し - のこるは1製品のみ
「IE」脆弱性に対するゼロデイ攻撃、国内でも
「IE」に未修正のRCE脆弱性、ゼロデイ攻撃も - 「Windows 7」にも影響
PHPのアップデートが公開 - 複数脆弱性に対処
「Samba」に3件の脆弱性、アップデートがリリース
セブンイレブン向けネットプリントアプリに脆弱性
Chromeにアップデート、「クリティカル」の脆弱性を修正