Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

動画料金を請求する偽DMMのSMSに注意 - プリカ番号要求詐欺

1度応じてしまうと、「他社でも未払い料金が確認された」「ブラックリストに登録されている」などと要求がさらにエスカレート。被害額が100万円を超えた事例も多数確認されているという。

DMM.comでは有料と無料の動画サービスを提供しているが、有料サービスでは会員登録が必要で、料金は前払いのため、未払い料金が発生することはないとしている。

これまでも同社をかたって金銭を要求する詐欺が発生。同庁では2016年1月にも同様の注意喚起を行っている。しかし被害の拡大が続いていることから、今回再度注意喚起を実施した。

同社以外にも、ヤフーを装うケースなど同様の詐欺が確認されており、架空請求においてプリペイドカード番号を伝えるよう求めるケースが多い。SMSや電話で身に覚えのない要求があった場合は、各地の消費生活センターや警察へ相談するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2017/03/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Emotet」がセクストーションまがいの詐欺メール - 高い成功率
「Emotet」など複数マルウェア、新型コロナ拡大に便乗 - フィッシングも
2019年4Qの標的型攻撃メールは47件 - 情報提供の7割が「Emotet」
2割弱の中小企業が被害経験 - 「攻撃対象となる可能性高い」6.2%
「Yahoo!メール」が「DMARC」導入 - なりすましメール対策を強化
クレカ不正利用、被害者の6割弱が原因わからず
IPAが「10大脅威2020」を発表 - 「内部不正」「IT基盤の障害」など順位上昇
2018年「セキュリティ10大脅威」 - 注目高まる「サプライチェーン攻撃」
ネット広告詐欺の損害を補償する保険
「Emotet」の脅威(1) - 組織やビジネスへの影響を考える