Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTコムリサーチで不正ログイン - ポイント利用被害は発生せず

NTTコムリサーチにおいて、「パスワードリスト攻撃」によると見られる不正ログインが行われ、一部登録モニターの氏名などが閲覧された可能性があることがわかった。

同サービスを運営するNTTコムオンライン・マーケティング・ソリューションによれば、2月22日16時から22時にかけて、複数のIPアドレスから同サービスに対し、本来の利用者とは異なる第三者が不正にログインを試みる「パスワードリスト攻撃」が行われたもの。

一部登録モニターがログインを許し、氏名と保有ポイント数など1792件が閲覧された可能性がある。ポイントの不正利用は確認されていない。

同社は、今回の不正ログインで用いられたアカウント情報について、攻撃者が同社以外で入手したものであると説明。同社経由の情報流出については否定している。

同社では、不正ログインの対象となったアカウントについて、パスワードのリセットを行い、個別に連絡を取っている。またすべての登録モニターを対象に、パスワードの変更を依頼するメールを送信した。

(Security NEXT - 2017/03/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2割弱が出所不明の公衆無線LAN利用 - 「セキュリティ意識していない」 約3割
Pマーク事業者の個人情報関連事故、2016年度は843組織2044件
子どもの4人に1人がSNSでトラブル - 不正ログインや架空請求も
IPAが10大脅威を選出 - 注目集めるランサムウェア
2015年度はPマーク事業者796社で1947件の個人情報関連事故
「STOP!! パスワード使い回し!!」キャンペーンがスタート
IPA、「情報セキュリティ10大脅威 2016」の解説資料を公開
IPAが10大脅威を取りまとめ - 組織と個人で異なる傾向
「壁ドン」「顎クイ」「頭ガッ」でPW保護を啓発 - IPA
Pマーク事業者の個人情報関連事故は1646件 - 「紛失」が最多