Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

DNP、アプリの公開時から公開後までセキュリティ機能を高めるサービス

大日本印刷(DNP)は、開発時から公開後の対策も含めたスマートフォン向けアプリのセキュリティサービスを提供開始する。

同サービスは、仏Pradeo Security Systemsのアプリ向けセキュリティサービスと、同社のアプリ改ざん防止サービス「CrackProof」を組みあわせたソリューション。開発から公開後までワンストップでセキュリティ対策を支援する。

開発段階では、クラウドでアプリのセキュリティをチェックするPradeoの「アプリ自動監査サービス」を提供。検証結果をレポートとして参照できる。また開発したアプリに対して、「CrackProof」を利用した改ざん防止サービスを提供する。

さらにアプリへあらかじめPradeoの「アプリ保護サービス」を組み込むことで、公開後にアプリがインストールされたデバイスにおいて、端末内にある他アプリの危険度をチェックすることが可能。不正なアプリを発見した際は、問題のアプリについて起動を防いだり、アンインストールさせることができるとしている。

料金は個別見積もり。同社では、2020年度までに50億円の売上を目指して同サービスを展開していく。

(Security NEXT - 2017/02/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ブランド悪用アプリや機密情報漏洩の検知サービス
IoT 機器セキュリティ基準の技適認定サービス
QRコード決済事業者向けのコンサルサービス - BBSec
SSOサービスがFIDO2や顔認証に対応 - DDS
「スミッシング訓練サービス」を開始 - GSX
生体情報より作成した公開鍵で認証するソフトウェア - 日立ソ
小規模事業者やNPO向けにセキュリティハンドブックを配布 - NISC
MDMにSIM抜差監視機能を追加 - オプティム
通信事業者向けにソリューション「TMCC」 - トレンド
認証サービス「ID Federation」がFIDO対応 - NTTコム