Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2016年の国内IoT市場規模は5兆円超 - 2021年には倍以上に

IDC Japanは、国内IoT市場における市場規模予測を取りまとめた。2021年までの年間平均成長率を17%と予想しており、市場規模は11兆円超に達する見込みだという。

20170221_ij_001.jpg
国内IoT市場の予測支出額(グラフ:IDC Japan)

同社によると、2016年の国内IoT市場におけるユーザー支出の見込み額は5兆270億円。

2021年までの年間平均成長率を17%とし、2021年には11兆237億円に達すると予測している。

IoTの用途別では、農場監視、小売店での個別リコメンデーション、医療、スマートグリッド、テレマティクス保険、ホームオートメーション、スマート家電などで、25%と高い年間平均成長率になると同社では見ている。

2020年に開催される東京オリンピック、パラリンピックに向けた好況感や、IoT技術やコストなどの改善、法規制や支援策の変化など背景に高成長を予想している。

(Security NEXT - 2017/02/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

CODE BLUE 2019の全講演が決定 - 政策から話題の脆弱性までテーマ充実
「Security Days Fall 2019」を開催 - 100超の講演を予定
「Trend Micro CTF 2019」が開催 - オンライン予選は9月
「情報セキュリティ白書2019」を発行 - 無料のPDF版も
家庭用IoT機器の7%が「telnet」や「FTP」など使用 - ルータは15%
Wi-Fi対応ストレージ製品の脆弱性狙うアクセス増 - 国内IPアドレスからも
巧妙化する国家関与の攻撃 - 「サイバー防衛」議論するシンポが始動
「制御システムセキュリティカンファレンス」を2020年2月に開催 - CFPを実施
ログイン可能機器、約9000万IPアドレスで147件 - 「NOTICE」調査結果
「NICTER」でマルウェア感染機器を特定 - ISPより注意喚起