Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ファイル非改ざんの確認機能やランサム対策を搭載したバックアップソフト

アクロニス・ジャパンは、コンシューマー向けパックアップソフト「Acronis True Image 2017 New Generation」を発売した。

同製品は、コンシューマー向けのバックアップソフト。ローカルやクラウドに、パソコンのOSやデータ、アプリケーション、設定などをバックアップするほか、iOSやAndroidなどモバイルデバイスのバックアップにも対応している。

新機能として、「Acronis Active Protection」を搭載。ランサムウェアなどの異常な振る舞いを検知できるとしており、感染した場合も不審なプロセスを停止し、影響を受けたファイルを復元できるという。

さらにブロックチェーン技術によりデータが改ざんされていないことを証明する「Acronis Notary」を追加。さまざまな種類のファイルに対して証明書を発行し、分散型データベースで保管できる。

価格は、1台1年版で1Tバイトのクラウドストレージが付属して9980円から。

(Security NEXT - 2017/03/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

MS、IoTやクラウドのセキュリティを強化 - 疑似攻撃による対応テスト機能も
ランサムウェア「Cryakl」の復号キーが公開 - ベルギー当局が捜査で入手
定義ファイル非依存のエンドポイント向け製品に新版 - ソフォス
エフセキュア、法人向けエンドポイント製品を拡充 - 3製品を投入
サイバーリーズン、EDRとマルウェア対策を統合したセキュリティプラットフォーム
Avast、Mac向けセキュリティ対策ソフトの新版 - ランサム対策追加
マカフィー、コンシューマー向けに新版をリリース - クラウドによる機械学習を活用
サーバログ管理ソフトにランサム攻撃の検知機能 - オレガ
ランサム対策機能を実装できるSDK - セキュアブレイン
BBSS、ネット詐欺対策製品に対ランサムウェア機能を追加