Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

今度は「偽PayPal」 - 「偽Amazon」と同一犯か

「PayPal」を装ったフィッシング攻撃が発生しており、フィッシング対策協議会が注意喚起を行った。誘導先は先日確認されたAmazonのフィッシングサイトと同じフィリピン企業の正規サイトだった。

20170203_ap_001.jpg
フィッシングメールの内容(画像:フィ対協)

今回のフィッシング攻撃では、「あなたはPaypalログイン認証情報をリセットする必要があります」といった件名でメールを送信。

メールの本文では、「アカウントを更新できなかった」などと説明。「カードの期限切れ」「請求先住所の変更」などが原因の可能性があるなどとだまし、Googleの短縮URLサービスを悪用して、HTTPSによる暗号化通信を行うフィッシングサイトへと誘導。情報の更新と称して個人情報を入力させていた。

フィッシング対策協議会では、フィッシングサイトに情報を入力しないよう注意喚起を行うとともに、類似した攻撃を見かけた際は、同協議会まで情報を提供してほしいと呼びかけている。

(Security NEXT - 2017/02/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

10月のマルウェアメール、7カ月ぶりに減少 - 新種マルウェア5000万件割る
「会員情報変更」を装う偽楽天メール、11月6日ごろより増加
偽bitFlyerによるフィッシング攻撃 - 「アカウント凍結」で不安煽る
10月のフィッシング報告は982件 - 「Apple」関連が7割
LINEを装う「雑な」フィッシング攻撃が発生
「アカウントで利用規約違反」と不安煽る偽Amazonに注意
Apple装うフィッシングが再発 - 「Apple IDをロック」とだます手口
マルウェア感染メールの割合が6カ月連続増加 - 「Locky」の拡散も
2017年3Q、「ウェブ改ざん」が大幅減 - 「フィッシング」「マルウェアサイト」は増加
「Apple IDが10月13日に失効」と不安煽るフィッシング攻撃に注意