Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

今度は「偽PayPal」 - 「偽Amazon」と同一犯か

「PayPal」を装ったフィッシング攻撃が発生しており、フィッシング対策協議会が注意喚起を行った。誘導先は先日確認されたAmazonのフィッシングサイトと同じフィリピン企業の正規サイトだった。

20170203_ap_001.jpg
フィッシングメールの内容(画像:フィ対協)

今回のフィッシング攻撃では、「あなたはPaypalログイン認証情報をリセットする必要があります」といった件名でメールを送信。

メールの本文では、「アカウントを更新できなかった」などと説明。「カードの期限切れ」「請求先住所の変更」などが原因の可能性があるなどとだまし、Googleの短縮URLサービスを悪用して、HTTPSによる暗号化通信を行うフィッシングサイトへと誘導。情報の更新と称して個人情報を入力させていた。

フィッシング対策協議会では、フィッシングサイトに情報を入力しないよう注意喚起を行うとともに、類似した攻撃を見かけた際は、同協議会まで情報を提供してほしいと呼びかけている。

(Security NEXT - 2017/02/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「ライン会社」名乗るフィッシング - 「アカウントが盗まれた」と不安煽る
2017年1Qのフィッシングは34%減 - 国内でホストされたサイトが10倍超に
「MUFGカード」や「セゾン」などクレカ利用者狙ったフィッシング - ほぼ同じ文面、一部に編集ミス?
4月にフィッシング報告が半減 - 誘導先URLや悪用被害のブランドも減少
「5358番ポート」や「22番ポート」へのパケットが増加 - JPCERT/CCが観測
iOS版「ノートンモバイル」にPW管理機能 - iOSシェア高い日本向けに
MUFGカード装うフィッシング - NICOSやAMEX、JAカードなど関連ブランド狙う
「CAPTCHA」で巡回検知を回避? 「偽Appleサイト」 - HTTPS利用で安全演出も
2017年1Qのインシデントは4856件 - サイト改ざんが41%増
「MUFGカード」の利用者から個人情報だまし取る偽サイト - 類似攻撃にも注意を