Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

暗号学分野の業績称え、Adi Shamir氏に日本国際賞

国際科学技術財団は、2017年Japan Prize(日本国際賞)の「エレクトロニクス、情報、通信」分野の受賞者として、イスラエルのAdi Shamir氏を選出した。

20170203_jp_001.jpg
Adi Shamir氏(画像:日本国際賞のページから)

同賞は、科学技術の進歩に寄与し、人類の平和と繁栄に貢献した科学技術者を表彰する国際賞。1985年より始まり、今回で33回目となる。2017年は「エレクトロニクス、情報、通信」分野と「生命科学」分野を授賞分野として選定した。

「エレクトロニクス、情報、通信」分野では、先導的暗号化研究により情報セキュリティへ貢献したとして、ワイツマン科学研究所教授のAdi Shamir氏が受賞した。

同氏は、公開鍵暗号の1つである「RSA暗号」のほか、機密情報を分散情報に分ける「秘密分散法」、秘匿する情報に触れることなく個人を特定する「個人識別法」、多くの共通鍵暗号を解読できる汎用的な「差分解読法」などの開発で知られる。

また、暗号を処理するコンピュータなどの消費電力や雑音から暗号の解読を試みる「サイドチャネル攻撃」についても研究成果を上げている。

授賞式は4月19日に国立劇場で開催される予定。賞状や賞牌のほか、賞金5000万円が贈られる。

(Security NEXT - 2017/02/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

総務大臣賞が発表、迷惑メール対策推進協議会や神山氏ら受賞
セキュリティ分野の総務大臣奨励賞 - 「CODE BLUE」篠田氏など3者が受賞
「SECCON 2017」が開催中 - 国内決勝は学生チームが制す
情セ大、情報セキュリティ文化賞の受賞者6名を発表
JNSA、情報セキュリティ向上への貢献で2名を表彰 - 「セキュ狼」開発のWGも
IPA、小中高生向け啓発コンクールの候補作を選出 - 意見を募集中
「情報セキュリティ文化賞」の候補者を公募 - 情セ大
「サイバーセキュリティに関する総務大臣奨励賞」の公募が開始
セキュリティ分野の総務大臣奨励賞が決定 - SECCONなど3者が受賞
政府、SAOタイアップイベントを開催 - トークショーやマンガ配布、VR体験イベントなど