Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

標的型攻撃メールが約6分の1に - 正規証明書でコード署名されていたケースも

2016年第4四半期の標的型攻撃メールは、前四半期の6分の1以下へと大幅に減少した。一方で正規証明書でコード署名されたマルウェアが用いられるなど、巧妙な攻撃が確認されたという。

情報処理推進機構(IPA)が、同四半期におけるサイバー情報共有イニシアティブ(J-CSIP)の運用や標的型攻撃メールの状況を取りまとめたもの。J-CSIPは、サイバー攻撃の被害拡大防止を目的に2011年10月に発足。現在は7つのSIG(Special Interest Group)と87組織が参加している。

参加組織から同四半期に寄せられた不審メールに関する情報は396件。前期の218件から大きく増加した。そのうち296件が英語、50件が日本語による不特定多数に大量送信されたいわゆる「ばらまき型メール」だった。

一方で標的型攻撃メールと判断されたものは19件。前四半期は123件が観測され、約2年ぶりに100件を超える大台に乗ったが、それ以前の水準へと改善した。

2012年9月以降長期にわたり活動が観測されている攻撃者と関連したメールは、10月から11月にかけて数件観測された。またやりとりを通じて相手を信用させ、添付ファイルを開かせるいわゆる「やりとり型」の攻撃も確認されている。

(Security NEXT - 2017/01/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2020年2Qインシデント、前四半期比1.3倍 - フィッシングなど増加
標的型攻撃のレスキュー支援、2019年度は139件
4社に1社、パッチ適用頻度は数カ月に1度
標的型攻撃、「圧縮ファイル」利用が前年比2.5倍に
2019年4Qの標的型攻撃メールは47件 - 情報提供の7割が「Emotet」
IPAが「10大脅威2020」を発表 - 「内部不正」「IT基盤の障害」など順位上昇
2018年「セキュリティ10大脅威」 - 注目高まる「サプライチェーン攻撃」
2019年4Qのインシデントは減少 - フィッシングは増加
標的型攻撃相談、2019年度上半期は221件 - 80件でレスキュー支援
2019年3Qの標的型攻撃メールは113件 - 9割はプラント関連