Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィッシング対策協議会、サイト改ざんについて中間報告 - 原因特定できず

フィッシング対策の啓発サイトが改ざんされた問題で、同サイトを運営するフィッシング対策協議会は中間報告を発表した。不正なスクリプトが挿入された原因は特定できていないという。

20170115_ap_001.jpg
改ざん時に表示された犯行声明

今回不正アクセスを受けたのは、同協議会と米Anti Phishing Working Group (APWG)が共同で運営している日本語版「STOP. THINK. CONNECT.」。

同サイトに対して外部より不正アクセスがあり、ウェブサイトを改ざんされ、1月14日14時前から攻撃者による犯行声明が表示される状態に陥った。

同協議会では、同サイトが表示されないよう翌15日16時半過ぎにDNSの設定を変更。改ざんされた原因について調べているが、1月26日の時点で特定には至っていない。

(Security NEXT - 2017/01/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

宮城県関連サイトが改ざん、ランサム脅迫文が表示 - 閲覧者への被害は確認されず
不正アクセスでクレカ情報が流出 - アイスキャンデー通販サイト
給食センター職員が有給休暇記録を改ざん、懲戒処分に - 長浜市
12月下旬より「Oracle WebLogic Server」狙う攻撃が発生 - 仮想通貨採掘に悪用されたケースも
ランサムウェアに感染、サイト改ざん被害も - 新潟大医歯学総合病院
サイト改ざんが判明、外部へ誘導される状態に - 知多半島ケーブルネットワーク
CMS利用のサイトが改ざん被害、外部サイトへ誘導- 医療専門学校
「ディノスオンラインショップ」に不正ログイン - 情報改ざんや不正注文が発生
不正アクセスで停止していた関連サイト、3カ月ぶりに再開 - 府中市
「Bad Rabbit」の踏み台被害、対応に1カ月弱 - アイカ工業がサイト再開