Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NICT、「SECCON」向けにあらたな攻防戦の可視化システムを提供

情報通信研究機構(NICT)は、「SECCON2016決勝大会」に機能を強化した可視化システム「NIRVANA改SECCONカスタム Mk-III」を提供する。

20170126_nc_001.jpg
あらたに追加されたRankingモード(画像:NICT)

同システムは、「CTF(Capture The Flag)」をリアルタイムに可視化するエンジン。1月28日と29日に開催される「SECCON2016決勝大会」向けにカスタマイズしたもので、決勝へと勝ち進んだ24チームによる攻防戦の模様を近未来的なグラフィックでリアルタイムに映像化する。

従来の「Planeモード」「Towerモード」にくわえ、あらたに「Rankingモード」と「Questionモード」を追加。「Rankingモード」では、チームの順位をピラミッド状に表示。問題の攻略状況をはじめ、各チームのトータルポイントや攻撃ポイント、防御ポイントを確認でき、順位の入れ替わりもダイナミックに視覚化する。

問題サーバにフォーカスして表示する「Questionモード」では、各問題サーバの攻略状況を確認できる。攻略された部分は黄色で表示し、問題サーバへの攻撃をオレンジ色の光線で表示する。

(Security NEXT - 2017/01/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

SECCON 2017決勝大会、一般来場者の受付を開始
SECCON決勝大会の進出チームが決定
SECCON、自作ツールのデモ展示企画「SECCON YOROZU」を実施
「SECCON 2017」予選、上位100チームを発表
「SECCON 2017」オンライン予選の登録受付が開始
「SECCON Beginners 2018」の支援団体を募集 - SECCON
「サイバーセキュリティに関する総務大臣奨励賞」の公募が開始
攻殻機動隊コラボの女性限定CTF、「CODE BLUE」で開催
SECCON 2017始動 - 予選はオンラインのみ、決勝は国内大会と国際大会に
セキュリティ分野の総務大臣奨励賞が決定 - SECCONなど3者が受賞