Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

翻訳サービスに不正アクセス - 登録者の個人情報が流出か

訪日外国人向けの翻訳サービス「OMOTENASHI翻訳」が不正アクセスを受け、サービス登録者の個人情報が外部へ流出した可能性があることがわかった。

同サービスを運営するUni-Voice事業企画によると、1月5日7時ごろに不正アクセスの痕跡を確認したもの。同社ではサービスを一時停止し、再開に向けて対策を講じているという。

情報が流出した可能性があるのは、同サービス登録者の氏名、住所、電話番号、会社または団体名、メールアドレスなど。クレジットカード情報は含まれないとしている。同社では、対象となる利用者へ個別に連絡を取り、謝罪する方針。

(Security NEXT - 2017/01/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

コンタクトレンズ販売サイトでクレカ情報が流出、複数顧客で被害 - メニコン子会社
覆面調査サービスに不正アクセス、PWなど漏洩 - WAF設定ミスで攻撃防げず
森永乳業の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
園芸振興センターの会員情報が流出、一時ダークウェブ上に - 宝塚市
CAD製品のユーザー登録サイトに不正アクセス - エーアンドエー
前橋市教委、個人情報流出は4万7839件 - 既往症や口座情報なども
不正アクセスでイベント参加者の個人情報流出、匿名の通報で判明 - 忍野村
健康情報サイトへの不正アクセス、個人情報流出を確認 - 尼崎市
不正アクセスの最終報告、影響は顧客情報最大3万1574件に - ポルシェジャパン
児童や学生など含む個人情報約4万5000件が流出した可能性 - 前橋市