Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

翻訳サービスに不正アクセス - 登録者の個人情報が流出か

訪日外国人向けの翻訳サービス「OMOTENASHI翻訳」が不正アクセスを受け、サービス登録者の個人情報が外部へ流出した可能性があることがわかった。

同サービスを運営するUni-Voice事業企画によると、1月5日7時ごろに不正アクセスの痕跡を確認したもの。同社ではサービスを一時停止し、再開に向けて対策を講じているという。

情報が流出した可能性があるのは、同サービス登録者の氏名、住所、電話番号、会社または団体名、メールアドレスなど。クレジットカード情報は含まれないとしている。同社では、対象となる利用者へ個別に連絡を取り、謝罪する方針。

(Security NEXT - 2017/01/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

不正アクセスで会員アカウント情報が流出 - 医学関連出版社
SEO支援サービスに不正アクセス - アカウント情報流出の可能性
聖教新聞通販サイトから個人情報18万件が流出か - 偽決済画面でクレカ情報の詐取も
フリーメールを業務利用、国内外からの不正アクセスで個人情報流出 - 島田市
フィッシングで複数職員がアカウントが乗っ取り被害 - 新潟大
CGソフト通販サイトに不正アクセス - 顧客情報が流出
メールアカウントが不正アクセス被害、スパムの踏み台に - システム開発会社
不正アクセスで不祥事対応の内部情報が流出 - 高知県立大
不正アクセスによる情報流出、件数を訂正 - 日本がん治療認定医機構
排卵検査薬の通販サイトに不正アクセス - 情報流出の可能性