Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウェブサーバに不正アクセス、外部攻撃の踏み台に - 奈良先端大

奈良先端科学技術大学院大学のサーバが不正アクセスを受け、攻撃の踏み台に利用されていたことがわかった。

同大によれば、ウェブサーバが不正アクセスを受け、踏み台として外部システムへの不正アクセスに悪用されていたという。2016年9月23日にファイアウォールのログから問題が発覚。対象のサーバはすでにネットワークより切断されている。

設定に不備があり、学外からサーバにアクセスし、プログラムを書き換えることが可能だった。ログが8月19日までしか残っておらず、悪用されていた期間については特定できないという。

同大では、公表が遅れた理由についてシステム管理者の故意ではなく、新規性がないインシデントだったため、関係機関への報告やシステム管理者への注意喚起にとどめたと釈明。一方で、今回の攻撃では他組織への踏み台として悪用されており、周知する必要があるとあらためて判断、公表に至ったという。

(Security NEXT - 2017/01/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

一部「無線LANルータ」でDNS設定の改ざん被害 - 誘導先でマルウェア配布
2月はDDoS攻撃が急増、前月の25倍に - 「memcached」が影響
「memcached」のDDoSパケット内に仮想通貨要求する脅迫文
「memcached」利用した1.7Tbps規模のDDoS攻撃 - 対策進まなければ大規模攻撃続くおそれ
外部公開された「memcached」は5万台以上 - 踏み台1つで1Gbps弱のトラフィック
「GitHub」に1.35Tbps規模のDDoS攻撃 - 「memcached」によるリフレクション攻撃で
2月21日ごろより「memcached」狙うアクセスが増加 - 悪用報告も
「memcached」を踏み台とする反射型DDoS攻撃、500Gbps以上のケースも
メールアカウントに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - 新潟県立看護大
メールサーバに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - 放送大