Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SECCON 2016、国内外24チームが激突 - 一般参加可能なイベントなど盛りだくさん

SECCON実行委員会と日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)は、セキュリティに関する知識や技術を競う国内最大規模となるCTF競技会「SECCON 2016」の決勝大会を1月28日、29日に開催する。あわせてビジネスカンファレンスを前日27日に予定している。

20170120_sc_001.jpg
SECCON 2016のウェブサイト

「SECCON 2016」では、2016年7月より4回にわたり学生を対象とした地方予選を実施。さらに国内外の一般参加者を対象としたオンライン予選を12月10日に開催。世界99カ国からあわせて4956名が参加した。

今回、予選を勝ち抜いた一般参加の国内チームをはじめ、米国やアジア、ヨーロッパ、ロシアよりCTFチームが参戦。地方予選を通過した国内の学生8チームとあわせて24チームが2日間の日程で腕を競う。一般参加の最優秀チームには経済産業大臣賞、学生チームでもっとも優秀だったチームには、文部科学大臣賞が授与される。

また大会に先立ち、前日27日にビジネスカンファレンスを開催。人工知能を使った攻撃について考察するパネルディスカッションや、「どうしてこんなにセキュリティをやらないといけないことになってしまったのか?」と題し、セキュリティ対策の問題点について討論するセッションなどを予定。

さらに大会当日も一般参加が可能なカンファレンスやワークショップを用意。「IoT CTF Challenge」や「CTF for ビギナーズ FINAL@東京」、連載中のマンガ作品「王様達のヴァイキング」の制作陣を交えたトークセッションをはじめ、ロボットのセキュリティに関する講演、クイズ、CTF、展示などが予定されている。

一部参加には事前申込が必要となるセッションやワークショップもあるため注意が必要。詳細や事前申込はイベントのページから。

(Security NEXT - 2017/01/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セキュリティ競技大会「Trend Micro CTF 2017」、6月に予選開催
「サイバーコロッセオ×SECCON」が3月5日開催 - 登録締切迫る
SECCON 2016決勝、存在感見せつけたアジア勢
総務省のサイバーコロッセオとSECCONがコラボ - 都内でCTF大会
NEC、従業員対象にセキュリティ技術を競うCTFを開催
NICT、「SECCON」向けにあらたな攻防戦の可視化システムを提供
「CTF for ビギナーズ 2016 FINAL」の受付開始 - 決勝大会ボランティア募集も
SECCON実委、次年度「CTF4b」の開催に向け協力団体を募集
「CTF for ビギナーズ 2016 FINAL」、SECCON決勝大会と同日開催
「Trend Micro CTF 2016」、台湾チームが優勝