Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

詐欺メール送信の踏み台に、2カ月経たず再発 - 大阪府立図書館

大阪府立図書館のメールサーバが不正アクセスを受け、スパムメールを送信するための踏み台に利用されたことがわかった。同館では2016年11月にも同様の被害に遭っている。

同館によれば、2017年1月6日20時半過ぎに送信前のスパムメール約22万件がサーバに保存されていることへ気が付いたという。。その後の調査で2016年12月27日5時ごろから、メールサーバに不正アクセスが行われていたことが判明した。個人情報の流出については否定している。

メールの内容は、「総額350万ドルの小切手を寄付する」などと持ちかけ、管理料を名目に金銭を要求するいわゆる「ナイジェリア詐欺」と見られるもので、メールにマルウェアは添付されていなかったが、本文にはURLが記載されており、同館では誤ってアクセスしないよう呼びかけている。

同館では2016年11月24日にも、メールサーバが不正アクセスを受けており、不特定多数に対して迷惑メールを送信する際の踏み台として悪用された。メールサーバのパスワードの変更、ネットワークの点検など対策を実施したとしているが、再度不正アクセスを受けたという。

同館では、メールサーバの設定を変更するとともに、メールサーバの監視を強化する。また外部の専門家と協力して、システムの再構築を行うとしている。

(Security NEXT - 2017/01/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

香川県立保健医療大のサイトに不正アクセス - 一部が改ざん
国交省関連サイトへの不正アクセス - 流出被害は未確認
不正アクセスで顧客情報流出の可能性 - 医療情報サービス会社
不正アクセス被害の住宅金融支援機構関連サイト、約3カ月ぶりに再開
国交省関連サイトから情報流出の可能性 - 「Struts 2」脆弱性突かれ不正プログラム設置
職員のメールアカウントがスパム送信の踏み台に - 国立環境研究所
法政大、不正アクセスに関する調査結果を公表
InterFMに不正アクセス、リスナーの個人情報が流出 - Twitter上への投稿で判明
転職情報サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
「B.LEAGUE」関連サイトへの不正アクセス、クレカ不正利用が2倍弱に