Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティ甘い「MongoDB」狙ったランサム攻撃が発生中

外部へ公開されている「MongoDB」のデータを利用できなくし、復旧を条件に金銭を支払うよう脅迫するランサム攻撃が発生している。

今回確認された攻撃は、認証を設定せず、外部よりアクセス可能となっている「MongoDB」に対して行われているもの。攻撃を確認したGDI FoundationのチェアマンであるVictor Gevers氏が注意喚起を行った。

同攻撃では、データベース内にメッセージを残し、0.2BTCを特定のビットコインアドレスに対して支払い、復旧を望むサーバのIPアドレスをメールで連絡するよう求める内容だった。Shodanの設立者であるJohn Matherly氏によると、すでに1800以上のサーバが影響を受けている。

指定したビットコインのアドレスに対し、2016年12月21日より支払いが行われた記録が残っており、日本時間1月5日の時点ですでに18件が支払われていたが、攻撃者が別のアドレスを用いているとの情報もあり、実際にはさらに多くの金額が支払われている可能性もある。

(Security NEXT - 2017/01/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ランサムウェアによる最大の標的国は日本
Kaspersky、「CryptXXX 3」の復号ツールを公開
JavaScriptを添付した不正メールが69%増加 - 過去最高に
ランサム被害者の15%が支払に応じる - 5万円以上が3割超
ランサム対策プロジェクトが拡大中 - あらたに4社が復号ツール
年末年始の長期休暇に備えて事前対策を - ランサムウェアにも注意を
OSを起動できなくし、金銭要求する新種ランサムウェア「Petya」
モバイルマルウェアでは「ランサムウェア」が活発 - Blue Coat分析
ランサムウェア「Petya」の復号化キー作成ツールが公開
ワーム型ランサムウェア「ZCryptor」が登場 - USBメモリなどで拡散