Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

昭和シェル石油、約20年前のクレカ会員情報が漏洩する可能性を公表

昭和シェル石油は、約20年前のクレジットカード会員に関する一部情報を業務提携先が保管しており、それら情報が外部へ流出する可能性があることを明らかにした。

同社によれば、1996年から1997年当時の「Xカード(現シェルスターレックスカード)」の一部会員情報を、業務提携先が現在も保管していることが、カード会員向けキャンペーンを当時実施した元業務提携先関係者からの連絡で判明したもの。

業務提携先では、1997年1月時点の個人情報が記載された大阪府と京都府在住のカード会員8000人分のリストと、1996年8月時点の個人情報が記載された兵庫県在住のカード会員1383人分のリストを保有しており、現時点で外部流出は確認されていないものの、漏洩する可能性があるという。いずれも氏名や電話番号、カード番号などが含まれる。

同社では、対象となる顧客に書面で状況の報告と謝罪を行う。また後継カードの発行元である三菱UFJニコスと連携。不正利用のモニタリングを強化するなど、対応を進める。

(Security NEXT - 2017/01/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顧客情報記載の書類が所在不明に - 広島ガス
住宅金融支援機構のクレカ情報流出、セキュリティコードはサイト利用者のみ影響
不正アクセスで顧客クレカ情報が窃取被害 - 家電通販サイト
沖縄電力でサイト改ざん、原因は「Apache Struts 2」の脆弱性 - 情報流出の可能性も
メール誤送信で顧客のメアド流出 - ディンプレックス
通販サイトに不正アクセス、クレカ情報流出 - ヤマサちくわ
日本郵便に不正アクセス、送り状やメアドが流出 - 「Apache Struts 2」の脆弱性が原因
市営住宅の家賃領収済み通知書を誤廃棄 - 下関市
サイトに不正アクセス、相談者のメアド2.6万件流出か - JETRO
住宅金融支援機構の関連サイトでクレカなど個人情報が流出 - セキュリティコードも