Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「NEXON」装うフィッシング、「会員登録情報変更通知メール」で不安煽る

オンラインゲーム「NEXON」の利用者を狙ったフィッシング攻撃が確認された。メールには複数種類の文面が用いられているという。

「NEXON」を装ったメールで「パスワード盗用」や「ログイン試行が行われた」などと不安を煽り、誘導先の偽サイトでアカウント情報を騙し取るフィッシング攻撃が発生しているもの。

フィッシングメールとして、複数の文面が確認されており、「会員登録情報変更通知メール」を装うケースでは、「ワンタイムパスワードの会員登録情報が変更された」などと騙していた。

また「異常な回数のログイン試行がありました」との件名で流通しているメールでは、「第三者から不正なアカウント利用を狙われている可能性がある」などして偽サイトへ誘導している。

同協議会によれば、誘導先として3種類のURLが確認されている。フィッシングサイトは稼働しており、同協議会ではJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼。類似した攻撃も含め、誤ってアカウント情報を送信しないよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2016/12/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

一部セキュリティ製品がJPCERT/CCサイトをブロック - 異常見られず、アクセスに問題なし
偽「佐川急便」の不在通知SMS、今度は認証コード詐取するスミッシング
2016年3Qのフィッシング、3四半期連続で20万件超
2016年4Qのフィッシングは28万件超 - 過去2番目の規模
2017年1Qのフィッシングは34%減 - 国内でホストされたサイトが10倍超に
フィッシング攻撃、前四半期比4割減 - 約3年ぶりの低水準
減少傾向続いたフィッシング攻撃、増加に転じる
国内ホストのフィッシングサイトが大幅減 - 5分の1以下に
フィッシングに悪用されるブランドが増加、7年2カ月ぶりの高水準
フィッシング報告が2割減、URLは増加 - 短縮URLを悪用