Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NECマネジメントパートナー、「CSIRT」向け研修サービスを拡充

NECマネジメントパートナーは、「CSIRT」向け研修サービスのメニューを拡充し、2017年1月より提供開始する。

同サービスは、セキュリティインシデントに対応する組織内チーム「CSIRT」を対象とした研修サービス。今回あらたに3種類のトレーニングコースを追加した。

「CSIRT強化トレーニング ハンドリング編」は、インシデント対応を疑似体験する演習サービス。問題が発生した際の状況判断や適切な指示などをグループで議論しながら、対応を学ぶ。

「CSIRT強化トレーニング マルウェア感染対応編」では、疑似マルウェアを使ってインシデント調査を体験することが可能。マルウェアの解析、状況把握のためのヒアリング、感染原因の調査、対策などをグループで検討する。

「CSIRT強化トレーニング テクニカル編(CTF形式)」は、「CTF(Capture the Flag)」形式による実践的なセキュリティ技術演習。複数のステージに設定された技術的な課題をクリアすることで、基本的なインシデント解析技術を学ぶ。

いずれのコースも講習日数は1日で、受講料は1人あたり8万6400円。

(Security NEXT - 2016/12/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

カードゲーム「セキュ狼」がスマホアプリに - JNSAと学生が共同開発
アラート60分以内に要対応情報を提供するMSS - GRCS
CSIRT構築と平常時活動を支援するサービス - ソリトン
MSS事業者や社内SOC向けマルチテナント型インシデント管理ツール
NTT-ATら、CSIRT向けに会員制サービス - サイバー保険も付帯
機械学習とOSSを活用したSIEMソリューション - GRCS
DTRSとDNP、人材育成プログラムにインシデント対応メニュー - サイバーレンジを活用
ソフバンテク、CSIRT早期構築を支援するサービス
SOCやCSIRTなど「セキュリティ対応組織」向け教科書に第2版
カードゲーム「セキュ狼」が販売再開、感染端末発見ゲームも