Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

キヤノン、ESET製EDRのMSSを開始 - SOCはBBSecが提供

キヤノンマーケティングジャパンは、「EDR運用監視サービス」を5月8日より提供開始する。

今回開始するのは、エンドポイント上の疑わしい動きを検出、分析調査できるESET製EDR「ESET Enterprise Inspector」の運用や監視を提供するマネージドセキュリティサービス。

提供にあたってはブロードバンドセキュリティと協業。BBSecのセキュリティオペレーションセンターよりフルタイムで製品のアラートを監視、分析して危険度に応じて通知する。

インシデント発生時は、ネットワークから端末を隔離したり、不正なプロセスを強制的に停止するなど初動対応を支援。月次レポートを提供する。またオプションで詳細調査や報告会などにも対応。

自社でSOCやCSIRTを保有する組織向けにサービスを絞り込んだエントリーサービスと、検知イベントの分析や隔離まで引き受けるスタンダードサービスをラインナップに用意。料金はそれぞれ1台あたり2300円/年、3800円/年から(税別)。ハードウェアやライセンス費用などは別途必要。

同社は、同サービスを含めたエンドポイントセキュリティ事業で、2021年に100億円の売上げを目指すとしている。

20200421_cm_001.jpg
サービスメニューの内容(表:キヤノンMJ)

(Security NEXT - 2020/04/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Apple、「macOS Big Sur」「iOS/iPadOS」のゼロデイ脆弱性を修正 - 今月2度目の更新
個人情報含む資料を元従業員が第三者へ提供 - 日本管財住宅管理
Arcadyan製ルータソフトに脆弱性 - バッファロー製品にも影響
マイナンバーのヒヤリハットや漏洩の事例集 - 個情委
「情報セキュリティ白書2021」のPDF版が公開に
コンサート当選通知に異なる宛名、データにズレ - 大阪市
Geutebrück製産業用ネットワークカメラに深刻な脆弱性
2021年2Qの標的型攻撃に関する情報共有は40件 - J-CSIP
メール誤送信で顧客のメアド流出 - 環境試験機器メーカー
小中学校配布端末でのトラブル、約2割が経験 - 加害者になってしまうケースも