Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

キヤノン、ESET製EDRのMSSを開始 - SOCはBBSecが提供

キヤノンマーケティングジャパンは、「EDR運用監視サービス」を5月8日より提供開始する。

今回開始するのは、エンドポイント上の疑わしい動きを検出、分析調査できるESET製EDR「ESET Enterprise Inspector」の運用や監視を提供するマネージドセキュリティサービス。

提供にあたってはブロードバンドセキュリティと協業。BBSecのセキュリティオペレーションセンターよりフルタイムで製品のアラートを監視、分析して危険度に応じて通知する。

インシデント発生時は、ネットワークから端末を隔離したり、不正なプロセスを強制的に停止するなど初動対応を支援。月次レポートを提供する。またオプションで詳細調査や報告会などにも対応。

自社でSOCやCSIRTを保有する組織向けにサービスを絞り込んだエントリーサービスと、検知イベントの分析や隔離まで引き受けるスタンダードサービスをラインナップに用意。料金はそれぞれ1台あたり2300円/年、3800円/年から(税別)。ハードウェアやライセンス費用などは別途必要。

同社は、同サービスを含めたエンドポイントセキュリティ事業で、2021年に100億円の売上げを目指すとしている。

20200421_cm_001.jpg
サービスメニューの内容(表:キヤノンMJ)

(Security NEXT - 2020/04/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

デジタル署名検証ガイドラインを公開 - JNSA
調剤済み処方箋や調剤録が所在不明 - 松戸市の調剤薬局
「Chrome 90」が公開、37件のセキュリティ修正 - 前回更新からわずか1日で
顧客情報を外部送信、表計算ファイルで別シートの存在気付かず - 横浜銀
米政府、サイバー攻撃など理由にロシアへ制裁 - SolarWinds侵害も正式に認定
改ざんで「偽reCAPTCHA」表示、外部サイトへ誘導 - ゲーム情報サイト
白泉社でサイト改ざん、悪意ある外部サイトへ誘導
Interop Tokyo、セキュリティ部門で4製品がアワードを受賞
「サイバーセキュリティお助け隊サービス制度」がスタート - まずは5社から
生保が契約法人向けに標的型攻撃メール訓練サービスを展開