Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アダルト請求解決装う業者に注意 - 検索結果から誘導

アダルトサイトへアクセスしたところ、利用料や登録解除費用などとして高額な料金を請求される「ワンクリック詐欺」が後を絶たないが、被害者の救済に見せかけ、「調査」を名目にさらに金銭を請求する行為が確認されている。

注意喚起を行った国民生活センターによれば、アダルトサイトとのトラブル解決を請け負うなどとする探偵業者について、相談が急増しているという。

2011年度には205件だったが、2014年度には3106件に急増。2015年度はさらに増加して4543件となり、2016年度は11月までで4191件と、前年度を上回るペースで相談が寄せられている。

同センターへ相談が寄せられたケースでは、探偵業者などを名乗っており、「消費者センター」の検索結果から誘導。相談窓口では「無料相談」や「返金可能」などと説明するが、実際には調査で料金が発生。さらにアダルトサイトから返金もなかった。

同センターでは、アダルトサイトに対する「調査」が、請求の停止や返金に必ずしも役立つものではないと指摘。契約にあたり、「高額請求がある」「個人情報が流出する」と不安を煽ったり、虚偽の説明を行う、高額なキャンセルを請求されるなど、悪質なケースもあるという。

同センターでは、相談先が本当に公的な機関か確認してから連絡するようアドバイス。探偵業者への依頼する場合は慎重に検討し、トラブルに遭ったら自治体の消費生活センターに相談するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2016/12/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「ウイルス検出の偽警告」相談が2.7倍に - 「不正ログイン」関連も増加
西日本豪雨に便乗する詐欺に注意 - 義援金は信頼できる振込先へ
大阪北部地震へ便乗するサイバー攻撃や詐欺などに警戒を
2018年1Qの不正アクセス届出は11件、7件で被害 - 「不正ログイン」相談は52件
研究者が注目した「10大脅威」、具体的な手口や対策は? - IPAが解説資料
専門家などが選ぶ「セキュリティ10大脅威」 - セキュリティ人材不足が5位に
「ランサムウェア」被害、低水準ながら依然発生中
「ランサムウェア」関連の相談が大幅減 - 一方で被害も
「ランサムウェア」関連の相談が約6倍に - 67件で被害
「詐欺被害相談サイト」に見せかけた架空請求に注意を - 電話番号でSEOか