Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JNSA、2017年1月に都内でシンポジウムを開催 - ゲームを用いたワークショップも

日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)は、「Network Security Forum 2017」を、2017年1月23日に都内で開催する。

同イベントは、セキュリティに関心を持つ人を対象としたシンポジウム。基調講演は、奈良先端科学技術大学院大学教授の門林雄基氏。2016年を振り返って目標とのギャップ分析を行い、今後取り組むべきアジェンダと協力の枠組みについて語る。

またDeNAのシステム本部セキュリティ部部長である茂岩祐樹氏が、経営に求められるセキュリティの在り方をテーマに特別講演を行うほか、JNSAの活動報告や、脅威予測を議題としたベンダーによるパネルディスカッションを予定。「セキュリティをゲームで学ぼう!」といったワークショップも用意されている。

会場はベルサール八重洲。参加費は無料で事前申込が必要。同協会のウェブサイトから受け付ける。2トラック構成で定員は各トラックごとに150人。参加には事前登録が必要。詳細や申し込みは同イベントのページから。

(Security NEXT - 2016/12/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Windows」の「vCard」処理に未修正の脆弱性 - PoCが公開
原発広報誌の返信ハガキが所在不明、個人情報や意見など記載 - 東電
MSS事業者や社内SOC向けマルチテナント型インシデント管理ツール
IoTセキュリティ、9割が「顧客のために重要」 -脅威をすべて検出できる約3割
国内で約2700万台の「Windows 7」端末が稼働 - MSが推計
工場生産ラインの制御システムを保護するソリューション - CEC
「Drupal」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートが公開
12月上旬から特定ポート宛てのパケットが増加 - Windowsが発信元、共通の特徴見られず
アンラボ、スマートデバイス向けに情報保護アプリ
学生の個人情報含むPCが海外で盗難被害 - 長岡技術科学大