Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顔認証活用の決済サービスで実証実験 - 三井住友銀などで実施

NECと三井住友フィナンシャルグループ、三井住友銀行、三井住友カードは、顔認証を活用した決済サービスの実証実験を実施する。

同実験は、三井住友銀行の本店と東館、および三井住友カード東京本社の社員食堂において実施。NECの顔認証エンジン「NeoFace」を活用し、事前に登録した参加者の氏名と数値化された顔情報を、食堂に設置したカメラで撮影した顔画像と照合して本人確認を行う。

三井住友銀行では、2016年12月12日から2017年1月30日まで、従業員約1000人を対象に実施する。顔認証にくわえ、精度検証のため社員証を専用リーダーへかざして精算する。

一方三井住友カードでは、顔認証のみで精算。すでに11月21日から実施しており、2017年1月31日まで行う。対象は東京本社に勤務する従業員約400人。いずれも給与システムと連携し、代金は給与から天引きされる。

実験では認証性能や運用負荷、利用者の生体認証に対する受容性などを確認。実験を通じて、実店舗での顔認証を利用した決済サービスの提供に向けてノウハウの蓄積を図るとしている。

20161215_ne_001.jpg
三井住友銀行における利用の流れ(画像:NEC)

(Security NEXT - 2016/12/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ヤフー、携帯電話のSMSを活用したログイン認証を順次導入 - 従来パスワードは不要に
NEC、顔認証に対応したユーザーデータ活用基盤基盤ソフトを提供
おとり環境でサイバー攻撃を妨害、目的など調査できるソリューション
電話の発信者番号で本人認証を行うECサイト向けサービス
セコムとルネサス、IoTセキュリティ基盤の開発で協業
コモド、SSLサーバ証明書をデータ復元保険で差別化 - 価格は据え置き
NEC、月額制のクラウド型IRMソリューションを6月より提供開始
横河レンタ、指紋認証を実装したPCのレンタルサービス
TKC、マイナンバーカードを社内業務で活用
パロアルト、「PAN-OS 8.0」をリリース - サンドボックス回避攻撃へ対策