Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

政府、アクセス制御技術の研究開発情報を募集

警察庁、総務省および経済産業省は、アクセス制御機能に関する技術の研究開発情報を2017年1月27日まで募集している。

募集するアクセス制御技術は、「侵入検知、防御技術」「脆弱性対策技術」「高度認証技術」「インシデント分析技術」「不正プログラム対策技術」「その他アクセス制御機能に関する技術」の6種類。物理的なセキュリティ対策は含まない。

不正アクセス禁止法では、少なくとも年1回は不正アクセスの発生状況と、アクセス制御技術に関する研究開発の状況を公表するよう定めている。これを受けて研究開発情報を募集するもので、受け付けた情報は選定したうえ、2017年3月をめどに3省庁で公表する資料に掲載する。

応募は、郵送またはメールで受け付ける。所定の応募様式は、総務省のウェブサイトからダウンロードできる。締め切りは2017年1月27日17時必着で、郵送は同日の消印有効。

(Security NEXT - 2016/12/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

眠れる「ハッカー」に活躍の場を、「日本ハッカー協会」が設立 - 法的トラブルの対策支援も
ビルシステムのセキュリティ対策ガイドラインベータ版を公開 - 経産省
富士通、マイナンバーカードを活用したボランティア管理の課題調査を実施
読書感想文など「宿題完成品」の売買を禁止 - メルカリ
電気通信事業者によるサイバー攻撃対処案 - パブコメ実施
制御システムセキュリティカンファレンスで講演募集 - JPCERT/CC
ブロックチェーンの社会実装に必要な技術や法的課題を整理 - 経産省
個人情報保護委、海外の個人情報保護制度や個人識別符号に関する調査報告書を公開
2018年2Qの脆弱性登録は3757件 - 上位8割がOS関連
複数ポートで「Mirai」のアクセス増を観測 - ブロックチェーン「EOS」の秘密鍵狙う動きも