Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

エンカレッジ、形式に依存しない画像ファイル化ソリューション

エンカレッジ・テクノロジは、ドキュメントファイルなどを画像ファイルへ変換する仮想アプライアンス「ESS FileGate」を提供開始した。

同製品は、悪意あるコードなど含むおそれがあるファイルを開かずに済むよう、印刷機能を用いてファイル形式を画像へ変換するソリューション。「Officeファイル」のほか、文書編集ソフトによるドキュメント、CADデータなど、印刷できるファイルであれば形式を問わず、二重に画像化処理を行うという。

また、内部からインターネットに送信するファイルに対して処理を行うことや、仮想デスクトップ環境にも対応。ファイルの持ち出しや、持ち込みの際にあたっては上長の承認を必要とするよう設定できる。

地方自治体向けと一般企業向けの価格プランを用意。地方自治体向けは、人口3万人未満の自治体で、保守サービス料込みで年間48万円。サーバ台数と使用ユーザー数は無制限。企業向けは、サーバ1台あたり保守サービス料込みで年間38万円。

(Security NEXT - 2016/12/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

パブリッククラウド向けリスク可視化サービス「Evident」 - パロアルト
JPCERT/CC、Windows「Sysmon」ログの解析可視化ツールを開発 - GitHubで公開
日本オラクル、セキュリティ分析や自動対処などの新サービス - SOC向けサービス群として展開
捜査機関向けAndroid調査ツールに新版 - LINEのトーク取得に対応
アラートのトリアージを支援する「McAfee Investigator」を実証実験 - マカフィー
石油産業における実在の攻撃を踏まえたボードゲーム形式の演習サービス
「NOD32」発売から15周年、記念パッケージをリリース
カスペがEDRを投入 - サンドボックスやインテリジェンスと連携
損保ジャパンと日立、インシデント発生率と損害額を定量化する診断手法を開発
攻殻機動隊の「タチコマ」が不正サイト接続をブロック - 「WarpDrive」実証実験がスタート