Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

標的型メール訓練や損害額試算サービスを無償提供 - MS&ADグループ

三井住友海上火災保険、あいおいニッセイ同和損害保険、インターリスク総研のMS&ADインシュアランスグループ3社は、中小企業向けにセキュリティ対策の支援サービスを開始した。

9問の質問から簡易的に損害額を算出する「サイバー攻撃時の損害額簡易算出サービス」や、標的型攻撃メールの模擬メールを送信し、クリック状況などレポートする「標的型メール訓練サービス」などを無償で提供するもの。

同グループでは、サイバー攻撃リスクへ対応する保険を展開しており、同サービスを通じて、「賠償損害」「費用損害」「利益損害」などを示し、保険の必要性などを広くアピールしていきたい考えだ。

(Security NEXT - 2016/12/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

住宅金融支援機構のクレカ情報流出、セキュリティコードはサイト利用者のみ影響
損ジャ日興、ネット炎上時の対応費用を補償する損害保険
住宅金融支援機構の関連サイトでクレカなど個人情報が流出 - セキュリティコードも
動画料金を請求する偽DMMのSMSに注意 - プリカ番号要求詐欺
損ジャ日興、コネクテッドカー向けに特約 - 不正アクセスによる事故へ対応
2016年の国内IoT市場規模は5兆円超 - 2021年には倍以上に
保険証情報19万人分を含むフロッピーやCDが所在不明 - 協会けんぽ
健保組合向けサービス「KenCoM」に不正ログイン - ポイント不正利用も
顧客情報含む書類が盗難、翌日回収 - ケア21
中小企業のセキュリティ対策宣言制度「SECURITY ACTION」