Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

標的型メール訓練や損害額試算サービスを無償提供 - MS&ADグループ

三井住友海上火災保険、あいおいニッセイ同和損害保険、インターリスク総研のMS&ADインシュアランスグループ3社は、中小企業向けにセキュリティ対策の支援サービスを開始した。

9問の質問から簡易的に損害額を算出する「サイバー攻撃時の損害額簡易算出サービス」や、標的型攻撃メールの模擬メールを送信し、クリック状況などレポートする「標的型メール訓練サービス」などを無償で提供するもの。

同グループでは、サイバー攻撃リスクへ対応する保険を展開しており、同サービスを通じて、「賠償損害」「費用損害」「利益損害」などを示し、保険の必要性などを広くアピールしていきたい考えだ。

(Security NEXT - 2016/12/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

企業の14%がセキュ事故経験 - サイバー保険加入率は12%
iOS向け保険管理アプリに脆弱性 - 「Cordova」向け旧プラグインに起因
児童の個人情報含むCD-ROMを紛失、判明は11月 - 大阪府
国内サイバー保険市場、今後5年で3.5倍予測
「ほけんの窓口」を偽装する悪質メール - 甘い言葉で誘導
本人確認用の住民票写し、別人に返却 - 住信SBIネット銀
16.5%の企業がCSIRT設置 - 1001名以上では4割
AIG損保、米本社開発のサイバーリスク評価サービス - 保険料には影響せず
クライアントである歯科や患者情報含むHDDを紛失 - 船井総研
サイバー保険付帯のサーバ脆弱性対策サービス