Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

標的型メール訓練や損害額試算サービスを無償提供 - MS&ADグループ

三井住友海上火災保険、あいおいニッセイ同和損害保険、インターリスク総研のMS&ADインシュアランスグループ3社は、中小企業向けにセキュリティ対策の支援サービスを開始した。

9問の質問から簡易的に損害額を算出する「サイバー攻撃時の損害額簡易算出サービス」や、標的型攻撃メールの模擬メールを送信し、クリック状況などレポートする「標的型メール訓練サービス」などを無償で提供するもの。

同グループでは、サイバー攻撃リスクへ対応する保険を展開しており、同サービスを通じて、「賠償損害」「費用損害」「利益損害」などを示し、保険の必要性などを広くアピールしていきたい考えだ。

(Security NEXT - 2016/12/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

調剤薬局で処方箋が所在不明に - マックスバリュ中部
再委託先で顧客情報入りPCを飲酒後に盗難被害 - 東京ガス関係会社
NTT-AT、サイバー保険を付帯したセキュリティ対策ソフトを販売
UTMに運用支援とサイバー保険を付帯したパッケージ
Fintech利用は20人に1人、3割超が普及に「不安」 - 情報流出やなりすまし、悪質業者参入に懸念
Chubb損保、サイバー保険を発売 - 行政調査の対応費用をカバー
従業員による患者情報の無断取得、通報あるも対応に問題 - バイエル薬品
2016年度の国内セキュリティ市場は9327億円 - 成長やや鈍化するものの堅調
キヤノンMJ、サイバー保険付きUTMを提供するサービス
不正アクセス被害の住宅金融支援機構関連サイト、約3カ月ぶりに再開