Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

標的型メール訓練や損害額試算サービスを無償提供 - MS&ADグループ

三井住友海上火災保険、あいおいニッセイ同和損害保険、インターリスク総研のMS&ADインシュアランスグループ3社は、中小企業向けにセキュリティ対策の支援サービスを開始した。

9問の質問から簡易的に損害額を算出する「サイバー攻撃時の損害額簡易算出サービス」や、標的型攻撃メールの模擬メールを送信し、クリック状況などレポートする「標的型メール訓練サービス」などを無償で提供するもの。

同グループでは、サイバー攻撃リスクへ対応する保険を展開しており、同サービスを通じて、「賠償損害」「費用損害」「利益損害」などを示し、保険の必要性などを広くアピールしていきたい考えだ。

(Security NEXT - 2016/12/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

健康情報サイトへの不正アクセス、個人情報流出を確認 - 尼崎市
レノボ、テレワーク保険を付帯した「ThinkPad」シリーズを発売
介護保険事業所向けメールで誤送信、メアド流出 - 長野市
保険料の一部通知書が所在不明、郵便局の連絡で判明 - 島本町
東京海上日動とWHITE MOTION、自動車分野のセキュリティで提携
自動運転車のハッキング事故、盗難車事故と同じ - ただし「アップデート」の注意義務
市健診サイトに不正アクセス、個人情報流出の可能性 - 尼崎市
東京海上日動とMS、「テレワーク保険」を開発 - 対象端末に自動付帯
チューリッヒ、IoT化進む製造業向けにサイバー保険 - 製造ライン停止による逸失利益など補償
無断で顧客情報を第三者へ提供、外部通報で発覚 - 日新火災