Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

クレカ情報5.6万件含む個人情報42万件が流出した可能性 - イプサ

資生堂の子会社で化粧品の開発、販売を手がけるイプサのウェブサーバが不正アクセスを受けた問題で、同社はクレジットカード情報をはじめ、顧客の個人情報が流出した可能性があることを明らかにした。

20161202_ip_001.jpg
個人情報漏洩を公表したイプサ

不正アクセスによりシステムの脆弱性を突かれたもので、同社のオンラインショップへ登録している顧客の個人情報42万1313件や、クレジットカード情報5万6121件が外部へ流出した可能性がある。

オンラインショップの登録情報には、顧客の氏名や住所、配送先住所、電話番号、性別、生年月日、職業、メールアドレス、ログインパスワード、購入履歴などが含まれる。また2011年12月14日から2016年11月4日にかけてクレジットカード決裁を利用した顧客については、クレジットカードの会員名、番号、住所、有効期限についても流出した可能性がある。

同社によれば、11月4日にクレジットカード決済代行事業者から情報漏洩の可能性について指摘があり、問題が発覚。以降、外部事業者が調査を進めるとともに、不正アクセスを受けて調査中であることを11月22日に公表していたが、同月25日の最終報告を受けて今回詳細を明らかにした。

同社では顧客に対して事情を説明し、謝罪するメールを送信。また書面についても順次送付する。流出したログインパスワードが、パスワードリスト攻撃などへ悪用される可能性もあるとして、パスワードの使い回しなどについても注意を呼びかけている。

今後は再発防止に向けて、1月末を目処に調査を進め、調査結果を公表する予定。また今回の不正アクセスに関して、同社以外の資生堂グループに関しては、別のシステムで運営を行っており、影響はないとしている。

(Security NEXT - 2016/12/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

住宅金融支援機構のクレカ情報流出、セキュリティコードはサイト利用者のみ影響
不正アクセスで顧客クレカ情報が窃取被害 - 家電通販サイト
通販サイトに不正アクセス、クレカ情報流出 - ヤマサちくわ
住宅金融支援機構の関連サイトでクレカなど個人情報が流出 - セキュリティコードも
都税支払サイトからクレカ情報67.6万件が流出か - 「Apache Struts 2」の脆弱性突かれる
不正アクセスでアカウント情報流出か - ねじ販売サイト
クレカなど顧客データを保管していた約100キロの金庫が盗難 - 作業用品店
セキュリティコードなどクレカ情報が流出の可能性 - インテリア通販
ニコン通販サイト、12日間にわたり非暗号通信 - クレカ情報など送受信
「SQLi攻撃」で最大13万件の顧客情報が流出 - 日販グループ会社