Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サーバに不正アクセス、調査を実施 – イプサ

化粧品の開発、販売を手がけるイプサは、ウェブサーバが不正アクセスを受けたことを明らかにした。詳細について調査を進めている。

同社によれば、ウェブサーバが不正アクセスを受けていることが11月4日に判明したもの。同社では会員の登録や買い物、サンプルの請求、感謝品の交換、公式アプリの提供などを一時停止した。

今回の不正アクセスについては外部事業者が調査を進めており、12月初旬に調査結果を報告する予定。

(Security NEXT - 2016/11/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

なりすましで人事情報を不正閲覧、職員を懲戒処分 - 富田林市
米信用機関で個人情報1.4億件が流出 - 便乗フィッシング攻撃に懸念
茶類の通販サイトでクレカ情報流出の可能性 - 「Magento」の脆弱性突かれる
ロート製薬の会員サイトに不正アクセス - パスワードなど閲覧被害
東京ガスの料金照会サイトにPWリスト攻撃 - 10万回超のログイン試行
ECサイトのASPサービスに不正アクセス - 複数サイト顧客のクレカ情報が流出
ドローン・ジャパンがサイト改ざん被害 - 閲覧でマルウェア感染のおそれ
真庭市のサーバに不正アクセス - 「OpenSSL」の脆弱性が標的に
葛飾区、改ざんで閉鎖していた施設サイトを再開 - 1カ月半ぶり
不正アクセス被害の「B.LEAGUE」、4カ月ぶりにクレカ決済を再開