Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サーバに不正アクセス、調査を実施 - イプサ

化粧品の開発、販売を手がけるイプサは、ウェブサーバが不正アクセスを受けたことを明らかにした。詳細について調査を進めている。

同社によれば、ウェブサーバが不正アクセスを受けていることが11月4日に判明したもの。同社では会員の登録や買い物、サンプルの請求、感謝品の交換、公式アプリの提供などを一時停止した。

今回の不正アクセスについては外部事業者が調査を進めており、12月初旬に調査結果を報告する予定。

(Security NEXT - 2016/11/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

不正アクセスでオープンデータサイトが攻撃の踏み台に - 岡山県
「Struts 2脆弱性」を攻撃された特許情報サイト「J-PlatPat」が再開 - 情報漏洩を否定
住宅金融支援機構のクレカ情報流出、セキュリティコードはサイト利用者のみ影響
不正アクセスで顧客クレカ情報が窃取被害 - 家電通販サイト
沖縄電力でサイト改ざん、原因は「Apache Struts 2」の脆弱性 - 情報流出の可能性も
通販サイトに不正アクセス、クレカ情報流出 - ヤマサちくわ
日本郵便に不正アクセス、送り状やメアドが流出 - 「Apache Struts 2」の脆弱性が原因
サイトに不正アクセス、相談者のメアド2.6万件流出か - JETRO
住宅金融支援機構の関連サイトでクレカなど個人情報が流出 - セキュリティコードも
都税支払サイトからクレカ情報67.6万件が流出か - 「Apache Struts 2」の脆弱性突かれる